情報開示

平成29年度学校評価結果報告書(自己評価・学校関係者評価)

平成30年3月末日
大阪体育大学浪商幼稚園

(達成できたは〇、順調に進んでおり達成が十分可能であるものは△、進捗が芳しくないものは×)

1.園児の確保

達成目標

安定した経営と理想的な保育環境構築のための一定数の園児の確保

実施項目

見学会の内容の充実

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
昨年度と同程度の見学会の内容・回数を継続し、例年通り約12回開催するとともに、視聴覚的に分かりやすい入園募集説明会を9月に開催する 計画通りに6月~9月に16回(8日×2回実施)の見学会を開催した。ゆとりを持って見学頂ける様に1回10名の定員としたが、すべて予約で埋まった。年々、プレスクール入会希望の見学者が増えており、今年度は合計160組の保護者と未就園児の参加があった。募集説明会参加者は前年度比150%と大幅に増加した。アンケート集計の結果、概ね説明会の内容は高評価であった。

実施項目

イマージョンクラスの安定した募集のために、公開保育2回、講演会1回、個人入園相談会1回など、きめ細かい募集対策を展開

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
今年度も公開保育と個人入園相談会を開催。 プレスクール会員のためのイマージョンクラス公開保育やカリキュラム説明会、また一般を対象とした説明会を開催した。また、次年度のプレスクール対象者のためのイベントを8月・9月・11月に実施した。パーソナルコンタクトを高めて理解度を深めて頂いた事が安定した募集に繋がった。

実施項目

法人との定期的な経営会議の実施(クラス編成・保育料改定等)

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
戦略会議を密に開催することで保育内容・園運営・収支改善を常に図っていく 戦略会議を月例で開催し、1.収支改善策 2.標準クラスの保育の振り返り 3.イマージョンプレスクール・アフタースクールの募集・カリキュラム・運営・園経営など全般の項目において協議を進め、法人との認識共有を高めるとともに改善に繋げることが出来た。

実施項目

通園範囲の検討及び通園しやすい環境とサービスの提供

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
自動車送迎のための駐車場確保に向けた折衝の継続(対:茨木市上層部) × 長年の課題であるが依然として候補地が見つかっていない。
園バスの増数(1台)による40分ルールの遵守 戦略会議において収支等も鑑みながら協議を進めた結果、導入を決定した。

実施項目

ホームページ及びその他広報(文書)の充実

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
facebook活用による園情報の開示 財務状況情報の一般公開 定期的にfacebookに保育内容・行事内容・設備更新などの情報を写真・動画とともに掲載をすることでより情報開示に努める事が出来た。また今年度より学園のホームページとリンクささせることで、園のホームページで財務状況の情報開示を開始した。

2.教育の質の向上

達成目標

教育方針の徹底

実施項目

教育方針の徹底によって、全教員の意識をまとめ教育内容の充実を図る

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
定期的な管理職会議・主任会議・職員会議の他に臨時会議を設けて綿密な教員のネットワーク作りと認識共有を図る 今年度も「保育の振り返り」を、管理職ミーティング・主任会議・学年会議・全体職員会議を通して行うことで、行事や保育などの一部改善・撤廃・追加などがスムースに進んでいる。また教員の連帯感の向上にも繋がってきている。昨年同様、これらの試みを継続することで新しい教育目標を立てることに繫げていく予定である。

達成目標

保育内容の充実

実施項目

自己点検評価の実施と第三者評価の導入(公開保育を選択として検討)

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
将来的に公開保育実現の実現に向けて、内容・実施時期を検討するとともに、連盟に対し、年度内の申請を進める 三島支部会において、他園が公開保育園として認定を受けた。これからも公開保育実施に向けて申請を進める予定である。

達成目標

イマージョン教育(平成30年完成年度)を含む新教育課程の構築

実施項目

プレスクールからアフタースクールまですべての学年が連携したイマージョンプログラム全体の向上を図るとともに、標準クラスとの安定したバランスの構築

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
年長・年中・年少・プレスクールの保育内容を精査し見直す 今年度、プレスクールが第6期、年少クラスが第5期、年中クラスが第4期、年長クラスが第3期となり、すべての学年における年間カリキュラムが完成した。年中・年長クラスにおいては4技能のうちのライティング指導をバイリンガル教員によって実施することで教育効果が高まった。。また教材の選定も見直しを進めている。
標準クラスとのバランスを改善する 一斉保育が始まる前にネイティブ教員が同じ学年の標準クラスの保育室を訪ね、挨拶やお話をしたり園児とシンプルな遊びをするなど交流を図った。

達成目標

他園との差別化

実施項目

他の設置校との連携(幼児体育・健康・芸術など広範囲の可能性を探り実践する)

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
青凌中高でのサマーコンサートの実施等 本年度も予定通りサマーコンサートを実施した結果、園児のみならず、姉妹校の生徒にも優れた教育的効果が表れた。今年度も同志社大学のダブルダッチチームを年中組みのなわとび大会の日に招聘し、園児にデモンストレーションを発表してもらった。

達成目標

他園との差別化

実施項目

標準クラスに英語保育導入を検討する

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
部分的な英語保育プログラムの準備作業を開始する 年中・年長各標準クラスにおいて年間5回実施した。園児達には概ね好評であった。次年度は年間10回程度(15分~20分)の「英語遊び」を展開する予定である。

3.教育体制の整備

達成目標

安全対策の確保

実施項目

地震、火災等の避難訓練の定期的な実施

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
例年通り実施 例年どおり地震避難訓練、火災避難訓練ともに予定どおり実施した。

実施項目

防災マニュアル(対不審者含む)の整備とドリルの実施

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
マニュアルの作成を進めるとともに、シミュレーション型の不審者対応訓練を実施する 今年度も今実施出来なかったが、茨木消防署職員による救急救命講習を実施、全教職員が指導を受けた。

実施項目

交通安全の指導徹底

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
例年通り実施 例年通り大阪府警による交通安全教室を開催した。

達成目標

教育体制の強化

実施項目

園内外での教員の研修機会の拡充

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
園外研修のみならず、独自の英語保育を確立出来る様、園内研修も長期休業中等に実施する 夏期休業中にすべての教員が多岐にわたる分野で園外研修をうけた。今年度も夏期休業中に開催されたサマースクールやサマーフェスティバルにおいて全教員による英語研修並びにイマージョン保育の実践研修を実施した。

実施項目

安定した教員の確保と配備に向けた取組みを推進

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
幼稚園教員就活フェアーのブースを出展する 7月に開催された三島支部主催の就職フェアに参加し、多数の養成校の学生に対して当園のアピールをすることが出来た。

4.教育環境の整備

達成目標

施設・設備の整備

実施項目

ICT化の促進

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
イマージョンクラスのIT推進をモデルとして、将来的に全教員がタブレット端末を所有し、データ交換や保育のツールとして活用出来る様検討を進める × 検討は進めてはいるものの、予算の関係で先送りとなった。

実施項目

保育室の設備の充実及び美化の推進(経年劣化した保育家具の買い替え等)

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
中期計画(3年)に沿って今年度より保育家具を入れ替える 今年度で全てのクラスの画用紙棚家具の入れ替えが完了した。次年度は本棚の入れ替えを予定している。南園舎2階のロビーの1部を改修し、多目的ルームを設けた。イマージョンクラスのグループレッスンやプレスクール保護者の送迎時の待機場所などに活用する事が出来た。夏期休業中に入園式・卒園式・クリスマス等の行事における飾り付け用品を教員全員の手作りでリメークした。

実施項目

園内の遊具等建造物の経年劣化に伴う事故の未然防止に向けた取り組みを継続

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
遊具等の定期的な検査を実施し、事故防止に努める 定期的な点検に努めている。

実施項目

園内の完全バリアフリー化(手洗い場・花壇等の改修)

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
予算編成を考慮し、導入時期を法人と検討を続け随時に実施する 今年度ですべての園庭支柱ピロティーのプロテクションの施行が完了した。南園舎の西日から園児を守るため、試験的にオーニング(巻き取り式日除け)を3台設置した。効果が確認出来たので、次年度には南・東園舎すべてに設置を予定している。

実施項目

園庭の整備と一部人工芝生化及び大型遊具の入れ替え

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
夏期休業中に園庭の整備(整地と部分的な人工芝生化)を実施する。大型遊具の撤去と導入 今年度も経年劣化した大型遊具3台を撤去し、2歳児でも安全に遊べる遊具を設置した。また鉄棒エリアにも人工芝を敷設し安全生を高めた。人工芝エリアにもサンシェードの設置を行った。フルオブフラワーと称したプロジェクトを発足。寄せ植えの花のポッドを園内に数多く設置した。

実施項目

LED照明他エコ対策に沿った設備の導入・運営の即した備品の購入

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
予算編成を考慮し、導入時期を法人と検討を続ける。 検討の結果、次年度において遊技室の蛍光灯40基をLED化することが決定した。スイミングレッスン後の髪を乾かすのにダイソンのヘアードライヤーを購入。乾燥の時間が短縮された。次年度以降予算に合わせて台数を増やす事を計画している。

5.園児への支援

達成目標

アフタースクールの設立と展開

実施項目

イマージョンクラス卒園児(小学校3年生まで)に英語教育を継続出来る場の提供

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
Coco塾との提携でハイブリッド型のよりイマージョン色の強い英語教室を展開する 1年生・2年生の2学年クラスを設立した。幼稚園によるコミュニケーションプログラムとココ塾にるESLプログラムをコラボさせ、卒園後のフォローの充実を図った。

6.その他

達成目標

事務業務の改善

実施項目

財務部とのオンライン化・クラウド化による経理データの共有管理・分析の推進

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
実施に向けて財務部と協議を進める これからも検討を続ける。

達成目標

地域との交流

実施項目

地元中学校の総合学習・体験学習の受け入れ

点検項目 評価 実施項目の具体的な内容及び進捗状況
例年通り、保育や行事に支障をきたさない範囲で、最大数の受け入れを行い幼児教育や園の運営についての啓蒙を図る 予定通り職場体験学習の生徒を受け入れることが出来た。

学校関係者の評価

年度末に委員会を実施したが、委員から特に指摘すべき事項はなく、概ね良好な運営であり、教育活動にも積極的に取り組まれており、学校評価は妥当であるという評価である。

財務状況

公認会計士の監査により適正に運営されていると認められる。