大学院

大学院

現在、体育・スポーツ科学にもとめられているものは、少子・高齢化する社会における国民の健康維持と、スポーツを通して国民の豊かな生活の実現に寄与することであると考えられます。

このような社会的要請と体育・スポーツ科学の高度化・多様化に応え得る広い視野と高度な知識を持った人材の養成を目的に、本大学院は西日本唯一の体育大学大学院として、平成4年に発足しました。平成13年には博士後期課程を開設し、平成16年には記念すべき初のスポーツ科学研究科博士課程が完成しました。

本大学院は、博士課程を前期課程 ( 2年 ) と後期課程 ( 3年 ) に分け、スポーツ科学のさらなる発展と真のスペシャリストの養成をめざしています。設置した10学問分野(スポーツ史・哲学、スポーツ社会学、スポーツマネジメント、スポーツ心理学、アダプテット・スポーツ、バイオメカニクス、教授学(指導方法学)、スポーツ生理学、スポーツ医学、スポーツ栄養学)では、指導教員の専門性に応じて「スポーツ文化領域」「競技スポーツ領域」「健康スポーツ領域」「学校体育領域」「レジャー・レクリエーション領域」を対象とした学術的な研究と教育に取り組むことができます。また、長期インターンシップ制度を導入するなど、時代の要請にあった実践的スペシャリストの養成も積極的に取り組んでいます。

さらに、外国人教師の招聘、専門の異なる大学からの講師招聘、公開シンポジウムやセミナーの開催など、学問の発展と社会への還元の両面を見据えた活動を展開しています。これらの活動は、独創性を持った人材養成とともに、修了生や体育・スポーツ関係者の活躍の場の拡大につながります。

このように本大学院への期待が多面的に高まる中で、学生と教職員全員が力を合わせて教育・研究のさらなる充実と発展を図りながら、これまで以上に社会の要請に答え、寄与していきたいと考えています。

研究教育体制と担当教員

専門性に特化した研究教育領域

研究教育領域

本学大学院スポーツ科学研究科が、スポーツ科学の研究・教育の多様なニーズに応えるために設置した10学問分野(スポーツ史・哲学、スポーツ社会学、スポーツマネジメント、スポーツ心理学、アダプテッド・スポーツ、バイオメカニクス、教授学(指導方法学)、スポーツ生理学、スポーツ医学、スポーツ栄養学)と5研究領域(スポーツ文化領域、競技スポーツ領域、健康スポーツ領域、学校体育領域、レジャー・レクリエーション領域)は、3つの研究教育領域(史哲・行動科学領域、身体運動・コーチ科学領域、健康・医科学領域)を基盤としており、それらを組み合わせた研究領域・学問分野表により、学生の受験・師事に際し、より具体的に選択できるようにしています。

研究領域・学問分野表

フリックしてご覧ください。

研究領域
スポーツ文化 競技スポーツ 健康スポーツ 学校体育 レジャー・レクリエーション
史哲・行動科学領域 学問分野 スポーツ史・哲学 梅垣・中房 梅垣・中房
曽根
梅垣 梅垣・中房 梅垣
スポーツ社会学 中山 中山 中山 - 中山
スポーツマネジメント 冨山 冨山
藤本・徳山
冨山
藤本・徳山
福田 冨山
伊原・福田
藤本・徳山
スポーツ心理学 土屋
手塚・小菅
土屋
菅生・手塚
平川・小菅
土屋
菅生・手塚
平川
土屋
手塚・平川
土屋
手塚
アダプテッド・スポーツ 植木 植木 植木 植木 植木
身体運動・コーチ科学領域 バイオメカニクス - 石川・下河内
神﨑・藤原
淵本
下河内
淵本・尾関
石川
髙本・淵本
-
教授法(指導方法学) 梅垣
神﨑
浅井・梅林
神﨑・曽根
髙本・藤原
宮地
梅林・神﨑
尾関
梅垣・梅林
神﨑・髙本
福田・小林
伊原・福田
健康・医科学領域 スポーツ生理学 - 浜田
足立・梅林
三島
浜田
足立・梅林
三島
梅林 -
スポーツ医学 - 前島・森北 前島・森北 前島 -
スポーツ栄養学 - 岡村 岡村 岡村 岡村

教員Pick Up

 
     

カリキュラム

単位区分ごとの科目数

大学院スポーツ科学研究科博士前期課程

フリックしてご覧ください。

科目区分 共通科目 総合科目 合計
1単位 128 0 128
2単位 44 2 46
4単位 0 2 2
合計科目数 172 4 176

大学院スポーツ科学研究科博士後期課程

フリックしてご覧ください。

科目区分 共通科目 合計
1単位 60 60
2単位 16 16
4単位 0 0
合計科目数 76 76

大学院修了要件

博士前期課程
大学院スポーツ科学研究科博士前期課程の修了要件は、2年以上在学し、所定の単位を30単位以上修得の上、学位論文の最終試験に合格することとなっており、修了者には修士(スポーツ科学)の学位が授与されます。修了に必要な最低修得単位数の内訳は、共通科目・総合科目より、所定の科目8単位以上(スポーツ科学統計(1)(2単位)、スポーツ科学セミナー(2単位)、スポーツ科学研究(2単位)、インターンシップ(1)(2単位)より合計4単位以上及び指導教員の特論演習(1)~(4)合計4単位)を含む30単位以上となっています。
博士後期課程
大学院スポーツ科学研究科博士後期課程の修了要件は、3年以上在学し、所定の単位を10単位以上修得の上、学位論文の最終試験に合格することとなっており、修了者には博士(スポーツ科学)の学位が授与されます。修了に必要な最低修得単位数の内訳は、共通科目より指導教員の特講演習(1)~(6)合計6単位を含む10単位以上となっています。

博士論文

2018年度 博士論文
  1. 「 フロントクロールスイミング選手のための肩関節筋力の臨床的評価法 」 粟谷健礼
  2. 「 アキレス腱断裂経験者のアキレス腱の力学的特性および筋・腱の機能特性 」 小田啓之
  3. 「 遅発性筋痛における繰り返し効果の発症機序に関する研究 」 浦井久子
2017年度 博士論文
  1. 「 スポーツがもたらす社会的インパクトがスポーツチーム・クラブマネジメントに与える影響 -地域愛着の視点から- 」 冨山浩三
  2. 「 評定競技の継続による認知機能の変化 」 實宝希祥
  3. 「 大学生アスリートにおける反すう特性・省察特性がメンタルヘルスに与える影響とそのメカニズム —状態自尊感情に着目して— 」 山越章平
  4. 「 不確実な環境におけるタイミングの学習及び制御 」 杉山真人
  5. 「 やり投げ競技におけるパフォーマンスと投てき動作の関係 -コーチング現場に役立つ科学的根拠の提供を目指して- 」 村上雅俊
2016年度 博士論文
  1. 「トップレベル競技者におけるライフスキルとキャリア形成の関連:レスリング競技者を対象として」 清水聖志人
  2. 「Influence of received social support on athletes' self-confidence and psychological well-being」 片上絵梨子
  3. 「下腿の骨格・筋腱形態の発育過程における変化とケニアのエリート陸上中長距離選手の特徴」 国正陽子
  4. 「大学生のライフスキルと運動習慣に関する中日比較研究」 陳昱龍

長期履修制度

長期履修制度とは、職業を有している等の事由により、本来の標準修業年限(2年)では履修が困難だと認められる者について、本来の修業年数(2年)において支払う授業料で、標準修業年限(2年)を超えて計画的に履修する事を可能にする制度です。この制度は、博士前期課程に入学する者、または在学する者が対象となります。  申請にあたっては、長期履修期間中の履修や研究方法等について、あらかじめ指導教員に相談し、承諾を得てください。

対象者
次のいずれかに該当する者が対象となります。なお、外国人留学生(在留資格「留学」を有する者)は申請できません。
・職業を有し(正規、非正規は問いません)、当該収入によって生計を維持している者。
・育児、介護、出産、身体の障がい、疾病等の事情を有する者。
・その他、やむを得ない事情を有し、標準修業年限で修了することが困難であると研究科長が認めた者
長期履修期間
在学年限(博士前期課程4年)の範囲内で、1年単位とします。
・休学期間は長期履修期間に含めません。
申請手続
(1)申請期間
・入学時から長期履修制度の利用を希望する者は、出願時にあわせて申請すること。結果は入学試験合否結果とともに通知します。
・在学生で新たに長期履修制度の利用を希望する者は、博士前期課程1年次生のみ3月末日までに申請すること。博士前期課程2年次生は申請できません。結果は、4月中旬までに通知します。

(2)申請書類(本学HPよりダウンロードしてください。)
・長期履修学生申請書(様式第1号)
・研究計画書(様式第2号)
・長期履修が必要であることを証明する書類(在職証明書等)(任意書式)
納付金
本学規定の授業料と実験実習費を標準修業年限(2年)に乗じ、長期履修期間(3年または4年)で分割した額を、年度ごとに納入していただきます。当該額に1,000円未満の端数があるときは、切り上げとします。具体的な納入額、納入時期等については、長期履修の許可時に通知します。
・入学金は、本学規程の額を初年度に納入していただきます。
・教育後援会費は、本学規程の額を標準修業年限(2年)の間、納入していただきます。
・長期履修学生については、授業料等の延納(分納は可)の制度は適用できません。
長期履修期間の変更
(延長・短縮・取消)
長期履修学生として許可された者が、長期履修の期間の延長、短縮あるいは取消をしたい場合は、指導教員の承認を得た上で、長期履修期間の変更が可能です(在学中1回限り)。
(1)変更願の提出期間
・変更を希望する前年度の3月末日まで
(2)変更願書類
長期履修期間変更願書及び理由書(様式第3号)
・延長
延長は、変更前の長期履修期間における最終学年在学者は願い出ることはできません。
・短縮
短縮は、短縮後に1年以上の修業期間がない場合は願い出ることができません。また、短縮後の期間で修了できなかった 場合は、通常の学生が留年した場合と同様の取扱いとなります。
・取消
取消は、標準修業年限における最終学年(2年)在学者は申請できません。また、取消後にあらためて長期履修制度に申請することはできません。
その他
・標準修業年限を超えた期間は、学内奨学金の対象にはなりません。
・標準修業年限を超えた期間は、日本学生支援機構の奨学金の対象になりません。ただし、その後の在学期間中は、在学届等所定の書類を提出することで返済が猶予されます。
・長期履修制度は、単位の取得状況や学位論文の審査過程により修了が延期となる(いわゆる留年)者を救済する制度ではありません。
・在学期間中に起こった療養、海外留学等、一定期間履修することができない者も対象ではありません。

入試について

大学院案内

研究施設

健康科学実験室
三次元磁気自動動作解析システム、地面反力計、筋電計、等速性筋力測定器、体幹筋力測定器などが完備され、スポーツ医学の実験や測定が行われます。
生理・生化学実験室
運動生理・スポーツ医学的研究を行うため、スポーツ医学実験室、生化学実験室、生理学実験室など多様な実験室が完備。
バイオメカニクス実験室
ビデオ画像をパソコンに取り込み、人の動作やスポーツ技術・戦術などを解析します。同時に地面反力やEMG、超音波画像なども測定します。
スポーツ心理学実験室
実験室・データ処理室・パッケージルーム・カウンセリングルームの4ブロックで構成。スポーツ選手の「こころと身体」の相互作用を測定・分析します。
社会調査室
スポーツ・レジャー・レクリエーション参加やスポーツ観戦などのデータ分析、プレゼンテーション資料の作成など、社会現象を調査・分析します。
その他
  1. 総合実験室
  2. スポーツ栄養学実験室
  3. 試料分析室
前島悦子

大学院研究科長

前島悦子 教授

「広い視野」、「豊かな感性」、「発想力」を持って探究を

 本学大学院は、博士前期課程では、高度なスポーツ科学の知識を持ち実践的な指導を行える専門家の養成を、博士後期課程では、高度な専門知識に裏打ちされた斬新な研究を行う研究者の養成を目的としています。  研究教育体制は、史哲・行動科学領域、身体運動・コーチ科学領域、健康・医科学領域の3つの専門領域を基盤とし、それに基づき、さらに5領域(スポーツ文化、競技スポーツ、健康スポーツ、学校体育、レジャー・レクリエーション)と 10 学問分野(スポーツ史・哲学、スポーツ社会学、スポーツマネジメント、スポーツ心理学、バイオメカニクス、教授学、スポーツ生理学、スポーツ医学、スポーツ栄養学、アダプテッド・スポーツ)の組み合わせにより、スポーツ科学の研究・教育に対する多様なニーズに応えられるように編成されています。  この研究教育体制の下で、スポーツ科学の研究を通じて、体育教育や運動・スポーツによる健康・生きがいづくり、スポーツマネジメント、競技力の向上などの分野に貢献できる人材と、高度化・グローバル化するスポーツ科学の発展に貢献できる研究者を養成します。  大学院生の皆さんには、スポーツの持つ可能性を「広い視野」、「豊かな感性」、「発想力」を持って探究し、創造性に富んだ研究に挑戦してほしいと思います。