• TOP
  • 大学案内
  • 大体大ビジョン2024

大体大ビジョン2024

大体大力、
新しい時代を
切り拓く

大阪体育大学は、「不断の努力により智・徳・体を修め社会に奉仕する」を建学の精神として、1965年に開学しました。本学の草創期を支えたのは、1964年東京オリンピックを成功へと導き、体育・スポーツの力で幸福で平和な社会づくりを目指した加藤橘夫元学長(日本体育学会創立メンバー、1964年東京オリンピックの国際スポーツ科学会議委員)と大島鎌吉初代副学長(1964年東京オリンピック強化委員長・選手団団長、1982年日本人初のオリンピック平和賞受賞)の志です。

私たちにみなぎる「大体大力」とは、建学の精神と二人の偉人の志、体育・スポーツ・健康・福祉で社会の新たな価値創造に貢献してきた誇りを胸に、未来社会のあるべき姿を見据え、その実現のために使命感をもってチャレンジを続ける「人間力」です。

これからの10年、日本では2020年東京オリンピック・パラリンピック大会をはじめ多くの国際大会が開催されます。この機に、私たちは「新しい時代を切り拓く」という決意のもと、「大体大力」を高め、そして発揮し、幸福で平和な社会づくりを目指します。

大学案内ABOUT OUHS

▲