体育学部 / スポーツ教育学科

スポーツ心理・
カウンセリングコース

SPORT PSYCHOLOGY and COUNSELING

SCHOOL

心を学び人を支える。そして成功へ導く。

体育科教育コース

心理学的アプローチの基本を学び
カウンセリングマインドを身につける。

競技力向上に役立つメンタルトレーニングなど、心と身体の両面からのアプローチを学びます。心理学的知識・技法を修得し、カウンセリングマインドをもった指導者を育成します。

[学びのポイント]
  • スポーツ心理学、メンタルトレーニング、スポーツカウンセリングなどの基本を学習。
  • 臨床的な課題を設けて幅広い学習が可能。
  • ダンスや運動を使ってこころのケアを学んだり、ライフセービングを通して命の大切さを体得できるプログラムを実施。
  • 地域の体育・スポーツ現場で実際に心理的サポートやカウンセリングを体験するインターンシップを実施。

授業紹介

認知・行動分析論3年次

心理学は行動の科学ともいわれ、人の行動を観察・評価することでその理解を深めてきました。本講義では、多様なスポーツ場面にみられる人の認知・行動を分析するための研究法、データの測定および処理法、研究計画法について学習します。

コミュニティダンス論3年次

心と体の関係からダンスがもたらす社会的な役割を理解します。また、人がなぜ踊るのかという舞踊の根源から、コミュニティダンスの歴史的背景、社会的貢献の事例を紹介し、その意義と心と身体に与える影響について学習します。

コーチングの心理学3年次

スポーツ心理学の立場からコーチングの実践的情報を概説します。コーチングやリーダーシップに関する理論、スキルを学び、それを指導者として自身の言葉で説明できるようになり、コーチングで実践することをめざします。

スポーツ心理学実験実習3年次

人の心理的側面を行動から観察する際には、それらを客観的に評価することが必要です。本実習ではスポーツ心理学の研究法を体験的に学習し、心理的側面の客観的指標について理解を深め、実践への応用についての考察を深めることを目的としています。

教員紹介

村上 なおみ

菅生 貴之TAKAYUKI SUGO

スポーツ心理学、スポーツメンタルトレーニングを専門分野とし、臨床スポーツ心理学特論などの科目を担当。近年は、ストレスを受けると分泌量が増えるホルモン「コルチゾール」を分析し、アスリートと心理的ストレスの関係を研究している。

学生VOICE

谷 栞里さん

体育学部 スポーツ教育学科 3年

谷 栞里さん

RECOMMEND CLASS

  1. 1

    • ■ 機能解剖学
    • ■ スポーツ測定評価
  2. 2

    • ■ バレーボール
    • ■ スポーツメンタルトレーニング指導論
  3. 3

    • ■ スポーツ心理学実験実習
    • ■ コミュニティダンス論

MOVIE

YouTube

スポーツ心理やメンタルトレーニングに興味があり、また、部活動の先輩の勧めもあって、このコースを選択。特に印象に残っているのは、「スポーツ心理学実験実習」の「あがり(緊張)」の実習です。実験を自分で体験することで、緊張と付き合うスキルが身につきました。将来は大阪体育大学での学びを活かして、子どもたちにスポーツの楽しさとハンドボールの普及に貢献することが私の夢です。

※学年は2019年3月現在。

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲