体育学部 / スポーツ教育学科

体育科教育コース

P.E. TEACHER EDUCATION

FACULTY

生徒との信頼を築き、
スポーツを通じて、人を育てる。

体育科教育コース

高度な技量と行動力を身につけた
アクティブ・ティーチャーをめざす。

体育分野の専門性だけでなく、教育者としての教養や率先して行動する力を養成。スポーツの素晴らしさを伝えることができ、自らが常に深く学び続け、生徒と信頼関係を築ける教員をめざします。

[学びのポイント]
  • 体育・スポーツの専門大学ならではの高度なスポーツ科学の知識と優れた指導法を習得。
  • 優れた保健体育教員を育成することが第一目標。
  • 授業は、体育・保健の理論、模擬授業、インターンシップ(小・中・高等学校)など実践を重視。
  • 社会人として教育者として行動力のある教師になるための学習を実施。

授業紹介

体育科教育学3年次

体育科教育学は、体育授業を中心とする体育実践の改善を目的とした研究分野です。講義内容は、「体育授業の構造」や、効果的な体育授業を実現していくための「教師の役割」が中心。課題を提示し、グループもしくは個人で取り組むこともあります。

授業研究 ⅠA、ⅠB3年次

球技(バレーボール・バスケットボール・ソフトボール)、器械運動、陸上競技、剣道を中心に授業づくりについて学習します。模擬授業を展開し、教授法、指導案の作成、授業評価・分析法などの専門的知識の理解と、実践的指導能力の習得が目標です。

教育カウンセリングⅡ3年次

学校教育現場において、心理臨床専門家の支援とともに、生徒と直接関わる教育者のカウンセリングマインドが必要とされています。本講義では、基本的なカウンセリング技法を習得し、実践の場に生かすことをめざします。

保健体育教職特講3年次

保健体育科の教師には一般教養、教職教養、専門教養が求められ、さらに論文の作成能力、体育実技能力、討論やプレゼンテーション能力も不可欠です。本講義では、教員採用試験(保健体育科)に必要な、専門教養を中心に学習を進めます。

教員紹介

村上 なおみ

村上 なおみNAOMI MURAKAMI

専門分野は、体育科教育学、コーチング学。日本体育科教育学会、日本体育学会、日本コーチング学会に所属している。指導歴として、全日本大学バスケットボール選手権(優勝2回)、西日本学生バスケットボール選手権大会(優勝2回)などの実績を持つ。

学生VOICE

多久 真純さん

体育学部 スポーツ教育学科 3年

多久 真純さん

RECOMMEND CLASS

  1. 1

    • ■ 体力トレーニング論・同実習
    • ■ 器械運動Ⅰ
  2. 2

    • ■ 障害者スポーツ概論
    • ■ ハンドボールⅠ
  3. 3

    • ■ 授業研究ⅠB(保健)
    • ■ スポーツ科学とコーチング

MOVIE

YouTube

運動能力を鍛えながら、教員という同じ目標をめざす仲間とともに学べるこのコースを選びました。「授業研究ⅠB(保健)」の模擬授業では、クラスの雰囲気を察して臨機応変に声をかけることの大切さを実感。指導力が身につきました。将来は教員かスポーツインストラクターになり、運動能力だけでなく、「できる楽しさ」を伝えられる指導者になることが目標です。

※学年は2019年3月現在。

学部・大学院FACULTY / GRADUATE SCHOOL

▲