体育学部 / スポーツ教育学科

コーチ教育コース

COACH EDUCATION

FACULTY

的確な指導で、アスリートを夢の舞台へ。

コーチ教育コース

スポーツ指導の現場に求められる
専門的知識と指導力、幅広い教養を身につける。

実際の現場でコーチングするための知識や教養、経験をもち、選手の競技やレベルに合わせた的確な指導ができるコーチングのプロフェッショナルを育成します。

[学びのポイント]
  • 実践的な指導力を養成するコーチング実習が中心。
  • 自身の競技者としての運動能力を高めつつ、コーチングの基本理論、コーチの役割、トレーニング法、練習計画の立て方といった基礎知識を習得。
  • 演習では各種の競技スポーツ・武道・ダンスの特性や指導方法を研究。
  • 体育関連施設でのインターンシップ制度が充実。

授業紹介

コーチング法3年次

スポーツ指導には、言葉がけやコミュニケーション能力など各スポーツ種目に共通した指導力と、専門的な技術指導やトレーニング法などのコーチングがあります。専門教員が各専門種目におけるコーチング法について、実技や講義により解説します。

トレーナー実習3年次

アスレティックトレーナーに求められる、人体のメカニズムに関する知識を習得。また、コンディショニングに関わるストレッチング、スポーツマッサージ、テーピングについて、基礎から応用まで実技を行いながら身につけることをめざします。

競技スポーツ論3年次

競技スポーツと健康スポーツの関係を理解し、各種スポーツ競技者の育成に必要な知識を習得します。また、一流競技者および指導者の行動、言動を分析し、自分の考えを構築するとともに、競技者としての素養を身につけます。

動作分析法3年次

バイオメカニクス研究やコーチング研究の第一歩は、身体の動きを客観的に説明することです。本講義では、グループごとに考えた研究テーマにそって、身体運動をビデオで撮影し、その映像をもとにフォームを観察。角度や速度の分析に取り組みます。

教員紹介

尾関 一将

尾関 一将KAZUMASA OZEKI

2011年、体育学部に着任。スポーツバイオメカニクスの観点から、競泳競技における競技力向上をめざしたスタート方法についての研究を行っている。競泳競技指導に従事し日本代表選手の育成に携わった経験を持ち、現在は本学水上競技部監督を務めている。

学生VOICE

石坂 力成さん

体育学部 スポーツ教育学科 3年

石坂 力成さん

RECOMMEND CLASS

  1. 1

    • ■ 体力トレーニング論・同実習
    • ■ 陸上競技Ⅰ
  2. 2

    • ■ サッカーⅠ
    • ■ バスケットボールⅠ
  3. 3

    • ■ 海洋スポーツキャンプ実習
    • ■ 体育原論

MOVIE

YouTube

自身の競技に役立つコーチングを学ぶために、コーチ教育コースを選択。競技の実践を通して、効果的な指導法や競技知識を身につけます。「陸上競技Ⅰ」では八種競技を行い、記録の向上と指導法の修得をめざしました。私が陸上競技部で専門としているやり投をクラスメイトに教えつつ、苦手種目にも積極的に取り組み、記録の向上と成長を感じました。

※学年は2019年3月現在。

学部・大学院FACULTY / GRADUATE SCHOOL

▲