体育学部 / 健康・スポーツマネジメント学科

スポーツ
マネジメントコース

SPORT MANAGEMENT

SCHOOL

スポーツで未来を変え、社会を創造する。

スポーツマネジメントコース

生活を豊かにする
スポーツ環境づくりの専門家をめざす。

イベント企画、施設運営、資金計画など、さまざまな要素から成り立つスポーツ環境を専門家として支え、つくり、すべての人に届けるための知識や能力を養い、スポーツを通じた経済発展、地域活性化に貢献できる人材を育成します。

[学びのポイント]
  • 授業では、スポーツマーケティングやスポーツデータの収集・分析方法をはじめ、プログラム開発、施設・設備、人材、税務といったトータルな経営・管理についての学習。
  • ゼミではマーケティング、プロスポーツ、レクリエーション、アウトドア、スポーツ施設といった切り口でより専門的な能力を養成。
  • インターンシップなどの現場体験を通して実践力に磨きをかけます。

授業紹介

スポーツマーケティング3年次

競技への参加や用品購入、観戦など、スポーツにかかわる消費活動が学びのテーマ。そのようなスポーツ消費者のニーズを満たし、スポーツ事業経営者とスポンサー企業間の投資と利益の交換関係の成立を助けるための諸活動について学習します。

スポーツプログラム開発論3年次

幼児から高齢者、職場や家庭あるいは地域社会など、生涯スポーツは多様な対象、領域において展開されています。本講義では、スポーツプログラム参加者の把握と、運動・スポーツプログラムの選択・構成方法、運営方法について学びを深めます。

マーケティング・リサーチ法3年次

スポーツ・レジャー・レクリエーション事業において、市場の動向を捉え、消費者のニーズに応じた製品・サービスを開発するには、マーケティング・リサーチ能力が不可欠です。本講義では、基礎理論とデータ分析方法、リサーチプラン作成法を学びます。

地域スポーツ経営論3年次

プロ・企業によるスポーツイベントや、地域の住民が参加するスポーツイベントなど、地域では多様なスポーツ活動が行われています。それらに焦点を当て、スポーツによって人々・地域が変わっていく、地域イノベーションのためのマネジメントについて学びます。

教員紹介

藤本 淳也

藤本 淳也JYUNYA FUJIMOTO

 専門分野は、スポーツマーケティング。担当科目は、スポーツマーケティング、マーケティングリサーチ。近年は、プロスポーツおよび企業スポーツと地域社会との関係性などについて研究を実施。大学スポーツ協会(ユニバス)理事などを務め、メディアでのコメント機会も多い。

学生VOICE

奥山 大輔さん

体育学部 健康・スポーツマネジメント学科 スポーツマネジメントコース 3年

奥山 大輔さん

RECOMMEND CLASS

  1. 1

    • ■ 体力トレーニング論・同実習
    • ■ 陸上競技Ⅰ
  2. 2

    • ■ スポーツ栄養学
    • ■ スポーツ医学
  3. 3

    • ■ 保健体育科学習指導論
    • ■ スポーツマーケティング

MOVIE

YouTube

 サッカーの経験からチームのマネジメントに興味があり、このコースへ。チームの運営、利益の出し方、地域とのつながり方など、スポーツにかかわる経済のしくみを学べます。競合比較や経済学的な分析方法などの知見は、どの業界でも活かせるはずです。部員数200人を超えるサッカー部では、別の軸も作るようにという監督の方針のもと、全員が教員免許を取得します。教員としてサッカーの指導者になることも視野に、あえて業界を絞らず就職活動をしています。

※学年は2021年3月現在。

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲