体育学部 / 健康・スポーツマネジメント学科

アスレティック
トレーニングコース

ATHLETIC TRAINING

SCHOOL

競技者に寄り添い、
最高のサポーターになる。

アスレティックトレーニングコース

競技者のコンディショニングに必要な
最新の知識と技術を身につける。

スポーツ医・科学に基づき、対象者に合ったコンディショニングの方法を考えるコース。アスレティックトレーナーに限らず、体育教員など幅広い業種をめざすことができます。

[学びのポイント]
  • パフォーマンス向上に必要な筋力トレーニングや、持久力トレーニングの方法、コンディショニングのあり方を学習。
  • 一般人の健康づくりに必須となっている体脂肪燃焼理論を学習。
  • 傷害からの復帰に役立つリハビリテーションの方法などを学習。
  • 実習はテーピング法、ラボテストなどを用意。現場で「実践、応用力を発揮できる」を重視。

授業紹介

臨床スポーツ医学A3年次

近年、スポーツは健康の維持・増進、疾病予防の面から重要性を増しています。本講義では、運動療法が治療法の1つとなる生活習慣病や関節リウマチ・膠原病を理解するとともに、どのような点に注意して運動療法を行うかについて学びます。

アスレティックリハビリテーション基礎3年次

アスレティックリハビリテーションとは、「怪我からの競技復帰を目的とする」リハビリテーションです。本講義では、その概要や組織の損傷・修復を学び、受傷頻度の高いスポーツ外傷・障害の発生メカニズムとそのリハビリメニューについて学習します。

体力科学実験実習3年次

呼吸循環能力、等速性筋力などの測定を行うラボテストと、最大筋力、心拍数などを測定するフィールドテストを実施。それらの表やグラフの作成、関数式を用いたデータ処理、t検定による推測統計学が含まれたデータ処理実習を行い、体力との関係を追究します。

テーピング実習3年次

スポーツ指導者が知るべき受傷頻度の高いスポーツ傷害の発生メカニズムを理解し、テーピングを主としたコンディショニングに関する技術について実習形式で学習します。ウォーミングアップやストレッチングの特性を理解し、実施できることをめざします。

教員紹介

有吉 晃平

有吉 晃平KOHEI ARIYOSHI

 専門分野は、コンディショニング、アスレティックトレーニング、バドミントン。担当科目は、アスレティックトレーニング実習やテーピング実習など。競技指導(バドミントン)、アスレティックトレーナーとしての選手サポート、大会救護などさまざまな側面から競技スポーツに関わる。

学生VOICE

田邊 太陽さん

体育学部 健康・スポーツマネジメント学科 アスレティックトレーニングコース 3年

田邊 太陽さん

RECOMMEND CLASS

  1. 1

    • ■ スポーツ生理学Ⅰ
    • ■ 体力トレーニング論・同実習
  2. 2

    • ■ スポーツ心理学
    • ■ 運動学
  3. 3

    • ■ スポーツ外傷・障害評価論
    • ■ テーピング実習

MOVIE

YouTube

 ケガをしたアスリートの不安に寄り添い、競技復帰をサポートできるアスレティックトレーナー(AT)になるため、最新技術・技能・心構えが身につくこのコースを選択しました。授業やATチームで実践経験を積みながら、資格取得のために、学内実習に取り組んでいます。肩の可動域を測るだけでも実際にやってみると苦労しましたが、競技者一人ひとりのゴールに合わせたサポートを心掛け、トレーナーとしての技能向上に努めています。

※学年は2021年3月現在。

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲