2018.03.05

公益財団法人ライフスポーツ財団×大阪体育大学:スポーツフォーラム 「これからの子どものスポーツ環境を考える」を開催

平成28(2016年)9月、大阪体育大学は、地域スポーツ活動を展開する全国62団体(平成29年度現在)に活動資金を助成している公益財団法人ライフスポーツ財団(大阪府吹田市、清水進理事長)と、相互の活動について連携協力する協定書を締結しました。財団が大学と協定するのは、本学が初となります。
この度、平成30年度に公益財団法人ライフスポーツ財団が創立35周年を迎え、大阪体育大学におきましても社会貢献センター(前生涯スポーツ実践研究センター)を新たに設置したことを記念し、「これからの子どものスポーツ環境を考える」と題したスポーツフォーラムを開催いたします。多分野からシンポジストをお招きし、これからの子どもたちにとって、望ましいスポーツ環境のあり方について討議いたします。皆様のご参加、お待ちしております。


日時:平成30年3月11日(日) 10:00~12:00(受付9:30~)
会場:あべのハルカス 25階会議室(E・F)
       〒545-6025 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
       TEL:06-4399-9077
参 加 費:無料 [ 参加定員 150名 ]
プログラム:基調講演「これからの子どもの運動・スポーツ環境を考える」
講演者/吉田伊津美氏(東京学芸大学総合教育学系教育学講座幼児教育分野 教授)
        フォーラム「望まれる環境づくりにむけて」
         パネリスト/<発育発達の観点から>三島隆章(大阪体育大学体育学部 准教授)
               <部活動のあり方>小林博隆(大阪体育大学体育学部 准教授)
               <幼児期の運動・スポーツ>河原慶子氏(ライフスポーツ財団 理事兼事務局長)
               <助言>細川磐氏(大阪体育大学 体育学部 名誉教授)

プレスリリース本文はこちらをご確認ください。
詳しいプログラムについては、別紙をご確認ください。
取材に関しましては、申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申し込みください。