強化クラブ

ハンドボール部(女子)

WOMEN'S HANDBALL

CLUB

理念

大体大らしさの根底にあるのは「Try our Best」の精神。
部訓であるその言葉の真意を理解する教育を

行動指針

1 社会に出る一歩手前であることを自覚し、当たり前のことを当たり前にできる人間になる
2 コミュニケーション能力をあげる
3 自身の発言に責任を持ち、有言実行する
4 日本の法律に至るまでのすべてのルールを守る
5 育ててくれた親、恩師、大体大の環境、試合相手、すべてに感謝の気持ちを持つ

COACHES/STAFF部長・監督・コーチ・スタッフ

  • 部長

    小林 博隆HIROTAKA KOBAYASHI

    本学体育学部准教授。日本体育大学卒業後、北海道教育大学大学院(修士課程)、日本体育大学大学院(博士課程)を経て、本学着任。体育科教育学、スポーツ教育学を専門とし、主に保健体育教師の養成に従事。大阪府内を中心に幼稚園・小学校・中学校に年間50日程度出向き、各種教育活動(運動や体育の出前授業、教員研修)や研究活動に取り組んでいる。

  • 監督

    楠本 繁生SHIGEO KUSUMOTO

    本学教授。1964年生まれ。大阪・北陽高校(現・関西大学北陽)でハンドボールを始め、大阪体育大学に進み全日本学生選手権優勝を経験。本学卒業後は京都府立洛北高校に赴任し、体育教員として教壇に立つかたわら、ハンドボール部の指導に尽力。在任23年間でインターハイ4連覇を達成するなど、数々の栄冠を手にした。2010年からは母校・大阪体育大学の教員となり、ハンドボール部(女子)の監督就任。全日本学生ハンドボール選手権大会8年連続優勝(2013年〜2019年/通算優勝数は計8回)、第21回女子ジュニア(U-20)世界選手権(ハンガリー)監督、第24回世界学生選手権(クロアチア)監督(優勝)ほか輝かしい実績を上げている。2015年度日本ハンドボール学会賞を受賞。現在は女子ハンドボール日本代表監督も兼任。

  • 田中 良

    コーチ

    田中 良RYO TANAKA

    本学体育学部講師。1992年生まれ福井県出身。明倫中学校男子ハンドボール部初代主将を務めた後は、北陸学園北陸高等学校(普通科)、日本体育大学(体育学部)、日本体育大学大学院博士前期課程(修士号取得)、同大学院博士後期課程(博士号取得)、日本学術振興会特別研究員(DC2)、日本体育大学体育研究所 助教を経て、2021年4月に本学着任。学校保健学、発育発達学を専門領域として保育・教育現場に出向いて研究活動を進めつつ、2017年には日本スポーツ協会公認コーチ3指導者資格を取得。筑波大学附属駒場中・高等学校(2015年〜2018年)、日本体育大学(2018年〜2020年)男子ハンドボール部コーチを務め、2021年11月から本学女子ハンドボール部コーチに就任。

  • 高山 慎

    S&Cコーチ

    高山 慎SHIN TAKAYAMA

    本学大学院下河内研究室助手。スポーツ科学センターストレングス&コンディショニング(S&C)チーム所属。本学大学院にて修士号を取得し、本学スポーツ科学センターにてS&C専門職として従事(2017-2018年)。その後、IPU・環太平洋大学体育学部助教として勤務し(2019-2021年)、2022年4月より現職。本学ハンドボール部(女子)のS&Cコーチに就任。NSCA公認S&C専門職(NSCA-CSCS)およびJATI認定公認トレーニング指導者(JATI-ATI)。

  • トレーニングアドバイザー

    下河内 洋平YOHEI SHIMOKOCHI

    本学体育学部教授。University of North Carolina at Greensboroにて博士号取得後、2007年から本学勤務。NATA公認アスレティックトレーナー及び日本トレーニング指導者協会(JATI)認定公認上級トレーニング指導者。スポーツ医学やバイオメカニクスなどの観点から、ACL損傷メカニズムやその予防をテーマにした研究を中心に行い、アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防の共通点と非共通点を明らかにすることを目標に研究活動を行っている。

  • トレーナー

    田中 健一KENICHI TANAKA

MESSAGE

監督からのメッセージ

Message from the Director

勝つための主体的な姿勢が、これからの人生に役立つ力となる

インカレ7連覇を達成し、大阪体育大学は大学女子ハンドボール界で注目されるチームとなりました。しかし勝っているときだからこそしっかり足元固め、常に「勝つこと」を念頭に置いたチームづくりをすることが求められます。連覇に意識を置くのではなく、今年一年を勝ち切るために問題点や解決策を考え、一人ひとりが体と頭を使った主体的な練習を行ってください。勝つことで得られる「人の上に立つことの喜び」「注目されていることの意識」は、より大きな目標設定に繋がり、それを目指してチャレンジしていく力になります。それが次のステージへステップアップしていくことに繋がり、これから先の長い人生でぶつかるであろう様々な困難を乗り越える力にもなるのです。ハンドボールを通じて、辛いことをやり続ける忍耐力と挑戦し続ける強い精神力を学んでもらいたいと思います。

主将からのメッセージ

MMessage from the Captain

主将

岡田 彩愛

AYAME OKADA

私たちは全日本インカレ優勝、日本選手権ベスト4を目標に日々練習に励んでいます。
会話が必要不可欠な中で"なぜその選択をしたのか""他にどのような選択があるのか"私たちは日々考えるハンドボールをしています。意見がぶつかり合うこともありますが、それがお互いを成長させるキッカケとなります。考えて相手に伝えることは社会に出ても必要であり、それを大学生活の中で継続していくことが大切だとチームで認識しております。

概要

名称
大阪体育大学学友会ハンドボール部(女子)
創部
1967(昭和42)年4月
所属
関西学生ハンドボール連盟(1部)
所属部員数
47名(2019年4月現在)

沿革

1967年
創部
1995年
関西春・秋リーグ優勝
1996年
関西春リーグ優勝/西日本インカレ優勝
1997年
関西秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ3位
1998年
関西春リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ4位
1999年
西日本インカレ2位/全日本インカレ3位
2007年
西日本インカレ3位
2009年
関西秋リーグ優勝/西日本インカレ2位/全日本インカレ3位
2010年
関西秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ2位
2011年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ2位/全日本インカレ優勝
2012年
関西秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ2位
2013年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝
2014年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝
2015年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝
2016年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝/第69回日本選手権3位
2017年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝/第69回日本選手権8位
2018年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝/第70回日本選手権3位
2019年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝/第71回日本選手権2位
2020年
新型コロナウイルスのためインカレ中止 第72回日本選手権2位

練習施設

  • 第5体育館

    ハンドボール専用の体育館です。

  • ハンドボールコート

    平成24年9月に全面リニューアルをした全天候型ハンドボールコートです。

他のクラブを見るOTHER CLUB

スポーツ局OUHS ATHLETICS

▲