強化クラブ

テニス部(男子)

MEN'S TENNIS

CLUB

理念

自律した行動と仲間と助け合う精神、周囲への感謝の心で
確かな自己実現を図るための充実した4年間を過ごす。

行動指針

1 練習、試合のすべてのプロセスにおいて妥協をしない
2 自分で定めた目標に向かい、最後まで全力を貫く
3 他人に迷惑をかける行動を慎む
4 自分の発言と行動に責任を持つ
5 常に周囲への感謝の気持ちを忘れない

COACHES/STAFF部長・監督・コーチ・スタッフ

  • 部長

    梅林 薫KAORU UMEBAYASHI

    大阪体育大学体育学部教授、学長補佐(国際交流担当)、スポーツ科学センター長。日本スポーツ協会公認テニス上級コーチ(マスターコーチ)、日本トレーニング指導者協会(JATI)認定上級トレーニング指導者。1956年生まれ。1981年から本学テニス部(男子)を指導し、これまで関西学生テニスリーグ戦1部優勝(1986年)王座出場、関西学生テニス選手権大会シングルス、ダブルス優勝に導く。1989年から1998年には澤松奈生子(元プロテニスプレーヤー)のコンディショニングコーチとして活動。2000年からは日本テニス協会強化本部スポーツ科学委員会委員長、日本オリンピック委員会強化スタッフ(スポーツ医・科学)として、日本テニス界の強化と発展に貢献した。現在、日本テニス協会医事委員会副委員長、関西テニス協会 強化普及本部長、堺市テニス協会会長、大阪府スポーツ協会スポーツ医・科学委員会委員などの役職も兼務している。

  • 監督

    宮地 弘太郎KOTARO MIYACHI

    本学体育学部教授 1974年生まれ。高校での主な戦績 1990年全日本ジュニアU16シングルス準優勝、U18シングルスベスト4、1991年にU18ダブルス優勝、1991年全日本ジュニア室内シングルス優勝、インターハイダブルスベスト4、団体準優勝(S2)、全国選抜団体優勝(S2,D1)1989年にジュニアデビスカップシングルスNo2に出場しアジアオセアニア2位、世界大会は15位。
    亜細亜大学へ進学後は、ユニバーシアード福岡大会シングルス銅メダル、インカレシングルス優勝2回、準優勝1回、大学王座2回の優勝、大学生ながら、出場したジャパンオープン(現楽天オープン)のシングルスでベスト16、全日本テニス選手権シングルス準優勝、全日本室内テニス選手権シングルス準優勝、全豪オープンテニス予選に出場した。卒業後は、豊田自動織機製作所、三基商事所属のプロテニスプレーヤーとして8年活動した。数々の国内外の国際大会タイトル獲得、日本リーグ優勝1回、アジア大会日本代表、全日本テニス選手権シングルス準優勝、デビスカップ日本代表、全豪オープンテニス予選決勝に進出。
    引退後は、日本体育大学大学院(トレーニング科学系)で修士課程修了(体育学修士)。2003年より日本テニス協会ユニバーシアードチーム(ナショナルチーム)の監督、ヘッドコーチ歴任。2006年より8年間関西国際大学人間科学部専任講師(テニス部監督)、2014年より大阪体育大学に赴任。研究領域はコーチ学、ゲーム分析。所属学会は日本体育学会、コーチング学会、日本テニス学会。

MESSAGE

監督からのメッセージ

Message from the Director

テニスという競技は、ゲームが始まればコーチが選手にアドバイスを与えることを禁じられている、まさに孤独なスポーツです。選手は1セットごと、1プレーごとに変化する状況を自分で冷静に見極め、的確に対処することが求められます。それを積み重ねることで、1つの試合、そして数試合続くトーナメントを勝ち抜くことができるのです。
そのために必要なのは、常に自分を客観的に見つめ、今何をすべきなのかを深く考え、自律した行動によって確実に課題を解決するという意思と実行力です。
大阪体育大学テニス部では、普段の練習から自分自身で目標を設定し、その意義を自自問自答しながら、達成するまで最後までやりきることを日々積み重ねていきます。体育・スポーツの専門大学で学ぶ私たちは、一つひとつのトレーニングの必要性を科学的に思考し、実践することができるはずです。そしてその経験が、大学テニス界で輝きを放つチームをつくり、卒業後も社会に貢献することができる人間へと成長する道につながると思います。

主将からのメッセージ

MMessage from the Captain

主将

中井 彪雅

HYUGA NAKAI

まずは、団体戦において5年連続1部入れ替え戦で涙を飲んでいるため、1部リーグ戦への復帰を目指します。今年も一部復帰を目標にしています。また、大学王座で戦えるチームにしていきたいです。
一部復帰を果たすには個々のレベルアップがかなり重要になると考えています。その為、最終一部復帰という目標に到達できるようにインカレ出場選手を増やし、関西でも上位を狙えるように部員一丸となり切磋琢磨しあい更なる高みを、目指していけるようなチーム作りをしていきたいです。また自分自身も歴代最高の主将と呼ばれるようにチームを背中で導いていける選手にもなれるよう、ラスト1年全力で突き進んでいきたいです。

概要

名称
男子硬式テニス部
創部
1965(昭和40)年4月
所属
関西学生テニス連盟2部
所属部員数
35名(2021年1月現在)

沿革

1965年
創部
1984年
関西学生テニスリーグ戦1部優勝、大学王座ベスト4
2017年
全日本学生テニス選手権シングルスベスト64
全日本学生室内テニス選手権出場(予選)
関西学生テニス選手権シングルスベスト8
2018年
全日本学生テニス選手権シングルスベスト64
関西学生新進テニストーナメント シングルス準優勝
関西学生チャレンジテニストーナメント ダブルス優勝
関西学生地域テニストーナメント シングルス優勝、準優勝
関西学生新進テニストーナメントシングルスベスト8
2019年
全日本学生テニス選手権予選出場
関西学生新進テニストーナメントシングルスベスト8
関西学生チャレンジテニストーナメントシングルスベスト8、ベスト4など。
2020年
関西学生夏季テニス選手権( インカレ選考)
関西学生テニスリーグ1部リーグ3位

練習施設

  • テニスコート

    東コート5面は2016年、アクリル樹脂舗装に全面改修。西コート3面も2017年に人工芝が全面更新された。各種の公式戦が可能で、国際テニス連盟公認の国際大会も開かれた。

他のクラブを見るOTHER CLUB

スポーツ局OUHS ATHLETICS

▲