強化クラブ

ハンドボール部(男子)

MEN'S HANDBALL

CLUB

理念

大体大らしさの根底にあるのは「Try our Best」の精神。
部訓であるその言葉の真意を理解する教育を

行動指針

1 社会に出る一歩手前であることを自覚し、当たり前のことを当たり前にできる人間になる
2 コミュニケーション能力をあげる
3 自身の発言に責任を持ち、有言実行する
4 日本の法律に至るまでのすべてのルールを守る
5 育ててくれた親、恩師、大体大の環境、試合相手、すべてに感謝の気持ちを持つ

COACHES/STAFF部長・監督・コーチ・スタッフ

  • 部長

    小林 博隆HIROTAKA KOBAYASHI

    本学体育学部准教授。日本体育大学卒業後、北海道教育大学大学院(修士課程)、日本体育大学大学院(博士課程)を経て、本学着任。体育科教育学、スポーツ教育学を専門とし、主に保健体育教師の養成に従事。大阪府内を中心に幼稚園・小学校・中学校に年間50日程度出向き、各種教育活動(運動や体育の出前授業、教員研修)や研究活動に取り組んでいる。

  • 下川 真良

    監督

    下川 真良MASAYOSHI SHIMOKAWA

    本学講師。1976年生まれ。大阪体育大学卒、岐阜大学大学院修了。本学在学時には、全日本学生ハンドボール選手権大会で2度優勝。1998年開催の世界学生ハンドボール選手権大会に出場。卒業後は湧永製薬株式会社に入社し、同社ハンドボール部に加入。同チームでは全日本実業団ハンドボール選手権大会で4度、全日本総合ハンドボール選手権大会で2度、国体で3度の優勝を達成。個人でも実業団選手権新人王、最優秀選手賞、日本ハンドボールリーグ新人王のほか、実業団選手権とリーグのベスト7を4度ずつ受賞している。日本代表として長きにわたって活躍。世界男子ハンドボール選手権大会やアジア競技大会、オリンピック予選にも出場。2008年に現役を引退し、同年、指導者に転向。朝日大学ハンドボール部の監督に就任したのち、2010年にはHC岐阜(国体強化チーム)の監督に。2016年4月から本学ハンドボール部(男子)の監督に就任し、2018年全日本学生ハンドボール選手権大会にて優勝へ導いた(監督として初優勝)。

  • コーチ

    成澤 晃子AKIKO NARISAWA

    1969年1月24日生。市邨学園高等学校から大阪体育大学へ入学。卒業後は実業団チームジャスコにてプレーとコーチとして9年間在籍。チーム廃部となり、㈲オレンジカウンティーにてトレーナーとして6年務めた。2008年9月から前監督の宍倉先生(現在、スポーツ局長)に声をかけて頂き、本学の男子ハンドボール部コーチとして就任。

  • S&Cコーチ

    フレデリック・ヘンダーソンFREDERICK J.HENDERSON

    パリ第5大学(Université René Descartes Paris V)でスポーツ科学の修士号取得後、ヴェルサイユ・サンカンタン・アン・イヴリーヌ大学(Université de Versailles Saint-Quentin-en-Yvelines)で「スポーツ・身体活動の科学とエクササイズ」を学び、2014年にNSCAのCSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)の資格を取得。2015年からはフランス1部のアメリカンフットボールチームでディフェンシブコンディショナー、ヘッドコーチ(パフォーマンスディレクター)を務める。2018年4月に本学ハンドボール部(男子)のストレングス&コンディショニングコーチに就任。

MESSAGE

監督からのメッセージ

Message from the Director

目標「日本一」を掲げるチーム。トップを目指す選手でいて欲しい
「大体大らしさ」という想いにこそ、本学ハンドボール部のプレースタイルが込められていると思っています。決して諦めることなく、泥臭く、常に全力プレー。学生スポーツらしい健全性と清々しさを育むことを大前提に、学生たちには常に「感謝の気持ち」を持つよう伝えています。それは、日本一やスター選手になる以前に、大切な人間性が育ってこそのスポーツだからです。ここまで育ててくれた親に感謝し、この学校でプレーできることに感謝し、自分の刺激となり励まし合える仲間に感謝し、そして試合が行える対戦相手に感謝する。その気持ちを忘れなければ、自ずとやるべきことが見えてくるはずですし、自分を支えてくれる人の想いのためにも、頂点を目指す意義がモチベーションにつながるはずだからです。本学ハンドボール部は、創部まもなくより男女ともに強いチームを築いて来ました。そこに甘んじることなく、常に全力プレーで日本一をめざすチームであり、また個人においてもトップをめざす選手を育成していきます。

主将からのメッセージ

MMessage from the Captain

主将

坂本 好誠

KOSEI SAKAMOTO

大阪体育大学男子ハンドボール部は、「Try Our Best」をモットーに日々日本一を目標に練習に励んでいます。全員が一つの目標に向かいながら一人一人がライバル心を持って高いレベルの練習をおこなっています。コロナウイルスの影響で練習が制限される中、今自分たちが出来ることを考え目標に向けて頑張ります!

概要

名称
大阪体育大学学友会ハンドボール部(男子)
創部
1965(昭和40)年4月
所属
関西学生ハンドボール連盟(1部)
所属部員数
37名(2021年1月現在)

沿革

1965年
創部
1996年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝(6度目)
1998年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝(7度目)
2000年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ優勝(8度目)
2001年
関西春リーグ優勝/西日本インカレ3位/全日本インカレ優勝(9度目)
2003年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ8位
2006年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ4位
2008年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ8位
2009年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ16位
2010年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ8位
2012年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ2位/全日本インカレ3位
2013年
関西秋リーグ優勝/西日本インカレ2位/全日本インカレ3位
2014年
関西春リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ3位
2016年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ優勝/全日本インカレ8位
2017年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ3位/全日本インカレ8位
2018年
関西春・秋リーグ優勝/西日本インカレ2位/全日本インカレ優勝
2019年
関西春リーグ優勝/西日本インカレ2位/全日本インカレ8位

練習施設

  • 第5体育館

    ハンドボール専用の体育館です。

  • ハンドボールコート

    平成24年9月に全面リニューアルをした全天候型ハンドボールコートです。

他のクラブを見るOTHER CLUB

スポーツ局OUHS ATHLETICS

▲