強化クラブ

バレーボール部(男子)

MEN'S VOLLEYBALL

CLUB

理念

勝負への執念とあきらめない信念をもつ
真のアスリートとして努力する学生を教育していきたい

行動指針

1 学生の本分は学業であることをわきまえ、クラブ活動との両立を図る
2 礼節を重んじ、当たり前のことを当たり前にできる集団となる
3 アスリートとしての自覚をもち、勝つための計画性を重視する
4 仲間や対戦相手を尊重し、常に感謝の気持ちを持つ
5 成長するための努力を怠らず、自ら考え主体的に行動する

COACHES/STAFF部長・監督・コーチ・スタッフ

  • 部長・監督

    浅井 正仁MASAHITO ASAI

    本学体育学部教授。スポーツ教育学科長。1957年生まれ。1980年本学バレーボール部(男子)のコーチ就任。1989年から監督を務め、様々なコーチングスタイルを模索する中で、現在は「選手ファースト」のコーチングを目指している。2017年からは関西学連の理事長に就任。

  • コーチ

    角田 篤紀ATSUNORI TSUNODA

    1983年に本学を卒業後、1984年から1986年まで実業団の電電東海・NTT東海でプレー。2005年度からコーチに就任し、バレーボール部(男子)を指導。現在はNTTコミュニケーションズに勤務。

  • 学生トレーナー

    高橋 丈汰JOTA TAKAHASHI

MESSAGE

監督からのメッセージ

Message from the Director

仲間と困難に立ち向かう経験を、社会に羽ばたくための準備に

1980年にコーチに就任して以来、試行錯誤を繰り返しながら、選手たちがチームとして、アスリートとして、そして人間として最も成長できる指導を模索してきました。その結果たどり着いたのは「選手主導型」のコーチングです。学生スポーツの主体はあくまで学生という考えから、現在は練習メニューの作成は主将に、クラブ運営管理業務は主務の学生に任せ、対戦準備のデータ収集も担当学生を決めて進めています。大学スポーツは社会に出る前の修行の場でもあります。自分たちが定めた目標や直面する問題に対し、仲間と協働しながら一歩ずつ前に進む経験を通して、試合に勝つこと以上に大きな経験を得てください。全ての仲間が唯一無二の存在として自分に託された役割を果たし、敗戦に悔し涙を流した者も、勝利の歓喜を味わった者も、コートに立てず裏方としてチームを支えた者も、それぞれが輝くことができるチームでありたいと願っています。

主将からのメッセージ

MMessage from the Captain

主将

架谷 也斗

NARITO HASATANI

男子バレーボールは関西1部リーグ優勝を目標に日々練習に励んでいます。昨年度はコロナ禍での厳しい練習条件でしたが、チームが一丸となって試合に臨んだことにより秋季リーグ戦では準優勝することができました。しかし、目標としている優勝には届いていないので今年こそは優勝したいと思います。

概要

名称
大阪体育大学学友会バレーボール部(男子)
創部
1965(昭和40)年4月
所属
関西学生バレーボール連盟(1部)
所属部員数
40名(2019年4月現在)

沿革

1965年
創部(7部所属)
1966年
秋季リーグ6部昇格
1967年
春季リーグ5部昇格、同年秋季リーグ4部昇格
1968年
春季リーグ3部昇格、同年秋季リーグ2部昇格
1971年
春季リーグ1部昇格
1972~1988年
1部所属
1981年
西日本インカレ優勝
1988年
西日本インカレ3位
1989年
2部リーグ降格
1991年
1部リーグ昇格
1994年
2部リーグ降格
1998年
1部リーグ昇格
2002年
2部リーグ降格
2003年
春季2部リーグ優勝
関西選手権大会3位
2004年
春季1部リーグ4位
関西選手権大会3位
2005年
春季1部リーグ7位
関西選手権大会3位
2006年
春季1部リーグ3位
2008年
春季1部リーグ7位
関西選手権大会準優勝
2010年
春季1部リーグ4位
全日本インカレ ベスト16
2015年
春季1部リーグ3位
2016年
春季1部リーグ4位

練習施設

  • 第4体育館

    バレーボール専用の体育館で天井が高い構造になっています。床面は跳躍運動を繰り返しても身体に負担が少ない特殊構造です。

他のクラブを見るOTHER CLUB

スポーツ局OUHS ATHLETICS

▲