NEWSお知らせ

学内・トピックス

2022.08.05

ハンドボール男子U-21日本代表の学生がアジアジュニア優勝を報告しました

 ハンドボール第17回男子アジアジュニア選手権(7月15~24日、バーレーン)で初優勝したU-21日本代表に参加した本学の学生が8月5日(金)、野田賢治・浪商学園理事長、原田宗彦学長らに優勝を報告しました。
 荒瀬廉(体育2年)、今井寛人(体育3年)、近藤アレキサンダー偉一郎(体育2年)の3選手。荒瀬選手はベスト7に選ばれました。
 3名は金メダルを胸にかけ、ハンドボール部男子・下川真良監督とともに理事長応接室を訪れました。野田理事長は「ぜひ、男女とも本学の現役学生や卒業生がパリ五輪に出場してほしい」と東京大会に続く本学勢の五輪出場に期待し、原田学長は「金メダルの獲得は素晴らしいことです」と活躍を称えていました。荒瀬選手は「中東勢は自分より30㌢以上大きな選手ばかりで対応が難しかった。次も世界で戦えるようにしたい」と話していました。

▲