NEWSお知らせ

学内・トピックス

2021.08.26

宇津木美都はパラリンピック競泳女子・百㍍平泳ぎ決勝で6位入賞しました

 東京パラリンピックで教育学部1年の宇津木美都選手は26日(木)午前、競泳女子100㍍平泳ぎ(SB8)の予選で6位に入り決勝に進出。夜の決勝では、1分28秒59で6位入賞を果たしました。
 9月1日(水)午前10時ごろから200㍍個人メドレー予選に出場します。

 宇津木選手はレース後、満面の笑顔でインタビューに答えました。
<宇津木選手のコメント>目標としていた決勝の舞台で泳ぐことができ、光栄です。1分28秒台を予選を含めて2回出せたのはうれしいです。自分が目標にしている2024年パリ大会でのメダル獲得につながるいいレースになりました。これから3年間、メダルを目指して練習していきます。(9月1日に出場する)200㍍個人メドレーは自己ベストを目指し、楽しんでレースをしたいと思います。

 

宇津木美都選手

▲