NEWSお知らせ

学内・トピックス

2020.06.24

学友会とクラブの学生が学内放送で感染予防を呼びかけています

学友会と各運動クラブの学生が連日、学内放送で感染予防を呼びかけています。

各授業の開始前と昼休みの1日5回。学友会&教職員協同プロジェクトの一環です。

昼休みは学友会のメンバーと各クラブの主将、マネージャーらが一緒にアナウンスする拡大版。24日は学友会前会長の内山智貴さん(4年)とアメリカンフットボール部マネージャーの瀬木菜月さん(4年)がマスク着用、手指消毒などを呼びかけ、「一人一人が自覚を持って行動し、共に大体大の未来を創ろう」などと呼びかけました。23日はサッカー部男子の有働周平主将(4年)らが放送しました。

 

学内放送で感染防止と自覚ある行動を呼びかける学友会の内山さん(右)とアメリカンフットボール部の瀬木さん

 

▲