NEWSお知らせ

学内・トピックス

2020.06.19

対面授業が始まりました

対面授業が19日、再開されました。

1年次と4年次の配当科目の履修生(1、4年生の他にその科目を受講する2、3年生も含む)が対象です。1週間後の26日(金)から2年次配当科目の履修生が加わり、その1週間後の7月3日(金)から全学生が対象になります。一方で感染への不安から遠隔授業を希望する学生は、引き続き遠隔で授業を受けることができます。

この日はあいにくの雨でしたが、キャンパスに活気が戻りました。教職員はソーシャルディスタンスや「ともにスポーツの未来を創ろう!」と呼びかけるおそろいの大体大ブルーのポロシャツを着て出迎えました。

クラブ活動も19日から段階的な再開が認められました。

また、昼休みは学友会が主催して各クラブの部員が3密防止を呼び掛ける「感染防止プロジェクト」を展開。サッカー部男女、アルティメット部女子、硬式テニス部女子、ソフトテニス部女子の15人が黄色のビブスを着て、キャンパスの各所でプラカードを掲げて学生に3密防止を訴えていました。このプロジェクトは7月9日まで続けられる予定です。

 

授業前には、教室の場所が分からずに職員に尋ねる1年生もみられました。教室では左右を1席ずつ空けて着席し、授業を受けました。写真は英語演習の模様

 

実技ではソーシャルディスタンスをしっかり取るように教員から注意がありました。ハンドボールⅡでは手指消毒をしっかりした後、2人1組でボールを投げました

 

学友会主催の「感染防止プロジェクト」。ビブスを着てプラカードを掲げ、3密防止を訴えます。学生が自らキャンパスの安全確保に取り組む意義深い活動です

 

お昼休み、教学部前にその日の担当の学生が集合します。この日はサッカー部男女、アルティメット部女子、硬式テニス部女子、ソフトテニス部女子の15人

 

食堂前

 

C号館レストラン前

 

中央棟前広場

 

教育学部O号館前

 

セミナーハウス前

 

教職員はソーシャルディスタンスを訴える大体大ブルーのおそろいのポロシャツで学生を出迎えました。教学部

 

キャリア支援センター

 

 

図書館のテーブルもパーテーションで区切られています

 

 

 

 

 

 

 

▲