NEWSお知らせ

メディア

2020.04.29

小菅准教授がコロナ禍の選手心理を中日新聞で解説

 新型コロナウイルスの影響で活動できずに苦しむアスリートがどう前を向いて進んでいくべきか、体育学部の小菅萌准教授(スポーツ心理学など専攻)が中日新聞で解説しています。小菅准教授は「自分のさまざまな感情を認めたうえで、自分がコントロールできることは何かを考えていくことが大事」と指摘したうえで、「新しいトレーニングやコンディショニング方法に挑戦する良い機会かも知れない」としています。

中日新聞

https://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=737844&comment_sub_id=0&category_id=114&from=news&category_list=114

 

▲