NEWSお知らせ

お知らせ

2020.01.29

学長特別表彰~世界と日本で活躍した10人1団体を祝福

サッカーU-22トゥーロン国際大会で準優勝した田中駿汰選手ら世界や国内のトップで今年度に顕著な成績を収めた10人と1団体に29日、学長特別表彰が贈られました。

受賞したのは、ハンドボール部女子(全日本学生選手権優勝)▽サッカー=田中駿汰(トゥーロン国際準優勝など)、林大地(ユニバーシアード男子優勝)、今田怜那(同女子準優勝)▽アルティメット=泉風翔(世界U-24選手権ウィメン部門2位)、槇山竣平(同メン部門4位)▽ヒップホップダンス=中村春陽(世界チアリーディング選手権優勝など)▽チアダンス=柴山桃夏(世界チアリーディングアンドダンス選手権4位)▽なぎなた=福岡歩(全日本学生選手権演技の部優勝)、大仲麻友(同)▽陸上・やり投げ=坂本達哉(日本学生個人選手権優勝)--の皆さん。

D201教室で表彰式が行われ、受賞者は岩上安孝学長から表彰状と理事長奨励賞を、長崎正巳事務局長から副賞を贈られました。

表彰の後、岩上学長が「今日、表彰されたクラブや個人の勝因は、基本の動作を大切に積み重ね、技術を発揮するための身体能力を鍛え上げ、コツコツとやり抜く強い意志力を保ったからだ。卒業する皆さんはクラブでの経験を次に生かしてほしい」とお祝いの言葉を述べ、学友会代表の内山智貴さん(教育学部3年)は「皆さんの新たなステージでの活躍を応援していきたい」と話しました。

最後に、全日本学生選手権で7連覇した女子ハンドボール部の秋山静香さんが受賞者を代表して「これからもおごることなく、さらなる高みを目指して精進していきたい」とあいさつしました。

世界や日本のトップを舞台に活躍し学長特別表彰を受けた皆さん

アルティメットの世界U-24選手権で上位に入った泉風翔さん(左)、槇山竣平さん(中)

日本学生陸上個人選手権のやり投げで優勝した坂本達哉さん(左)

 

▲