教員紹介TEACHERS

准教授

小菅 萌コスガ モエ

MOE KOSUGA

  • 体育学部 スポーツ教育学科 スポーツ心理・カウンセリングコース
  • 大学院 スポーツ心理学
[専門分野]
スポーツ心理学
スポーツにおけるリーダーシップ
コーチング
[学位]
博士(スポーツ科学)
[最終学歴]
ミシガン州立大学

Message

スポーツでパフォーマンスを発揮するには?良いリーダーになるってどういうこと?など、学生とともに、広い視野をもって「スポーツを科学する」ということに挑んでいます!

主な業績・著書・指導実績

国際誌
・Machida, M., Schaubroeck, J., & Feltz, D. (in press). Leader self-efficacy of women intercollegiate athletic administrators: A look at barriers and developmental antecedents. Journal of Intercollegiate Sport.
・Machida, M., Otten, M., Magyar, T. M., Vealey, R. S., & Ward, R. M. (2016). Examining multidimensional sport-confidence in athletes and non-athlete sport performers. Journal of Sports Sciences, online first, 1-9.
・Machida, M., Irwin, B., & Feltz, D. (2013). Resilience in competitive athletes with spinal cord injury. The role of sport participation. Qualitative Health Research, 28, 1054-1065.
・Machida, M., & Feltz, D. (2013). Studying the career advancement of women coaches: The roles of leader self-efficacy. International Journal of Coaching Science, 8, 22-27.
・Machida, M., Ward, R.M., & Vealey, R.S. (2012). Predictors of sources of confidence in collegiate athletes. International Journal of Sport and Exercise Psychology, 10, 172-185.
・Chase, M.A., & Machida, M. (2011). The role of sport as a social status determinant for children: Thirty years later. Research Quarterly for Exercise and Sport, 82, 731-739.

国内誌
・渋沢秀徳・町田萌・濱野光之 (2015). 大学バスケットボール指導者の指導哲学とその形成過程, バスケットボール研究, 1, 73-86.
・内田遼介・町田萌・土屋 裕睦 ・釘原直樹. (2014).スポーツ集合的効力感尺度の改訂・邦訳と構成概念妥当性の検討,体育学研究, 59, 841- 854.

学部 担当授業

スポーツ心理学
コーチングの心理学
スポーツ心理学実験実習
スポーツ教育学演習
インターンシップB

大学院 担当授業

スポーツリーダーシップ論特論
スポーツリーダーシップ論特講
大学院での研究教育について

最近の活動

プロスポーツチーム等へのスポーツ心理学を用いたコンサルティングも行っています。

研究室ブログ
http://moemachida.com

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲