T person

縁の下の力持ちとして
チームを支える。

選手とともに
二人三脚で
優勝をめざす。

オリックス・バファローズコンディショニンググループ
【トレーニング兼リハビリ担当】

鈴川 勝也さんKATSUYA SUZUKAWA

体育学部 スポーツ教育学科[2012年度卒業]
大学院 スポーツ科学研究科[2017年度修了]

ケガをきっかけに、スポーツ科学に興味を持つ

 幼少期から野球を続けてきましたが、大学での肩のケガをきっかけに選手を引退。自身のリハビリを通して、スポーツ科学へ興味を持つようになりました。大阪体育大学へは教員をめざして入学したのですが、ゼミでスポーツ科学について研究を深めるうちにもっと多くのことを学びたいと思うようになり、卒業後は単身アメリカへ。周囲と比べると珍しい進路選択でしたがキャリア支援センターの方々が親身になってサポートしてくださったこともあり、不安を感じずに留学に進むことができました。留学後は、大阪体育大学の大学院へ進み、自分の研究をさらに深めました。

選手とともにより良いリハビリ・トレーニングを追求し続け、
チーム一丸となって優勝をめざす

現在はプロ野球チームであるオリックス・バファローズでトレーニング兼リハビリ担当として多くの選手のサポートに徹する毎日です。チームの勝利に貢献するために、トレーニングやリハビリの際には、選手一人ひとりの話をしっかりと聞き、寄り添った指導を心がけています。今後も選手ともにより良いリハビリ・トレーニングを追求し続け、チーム一丸となって優勝をめざします。

(2021年1月 取材)

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲