学生生活サポート

学生生活サポート

より充実した学生生活をサポートする学生相談

より充実した学生生活をサポートする学生相談

教学部では窓口を設け、常に学生の立場でより良いアドバイスができるように努めています。また学生相談室と連動したスポーツカウンセリングルームも設置され、体大生の学生生活や競技生活をサポートするために、専門のカウンセラーがさまざまな相談に応じています。

担当カウンセラーと開室時間

フリックしてご覧ください。

月曜日 荒屋昌弘 10:00~13:00
前林清和 12:15~15:00
火曜日 高橋幸治 10:00~15:00
水曜日 (前期) 菅生貴之 12:15~17:00
(後期) 菅生貴之 10:00~16:00
木曜日 今堀美樹 10:00~13:00
金曜日 土屋裕睦 10:00~17:00
土曜日 土屋裕睦 10:00~13:00

※カウンセラーの担当日や開室時間に変更があった場合は、掲示板でお知らせします。
※入口に申込用紙があります。相談を希望する学生は用紙に必要事項を記入し、ポストに投函してください。後日、指定された方法(電話・手紙・Eメール)で学生本人に連絡します。

学生相談室・カウンセリングルーム年間相談件数

フリックしてご覧ください。

年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
件数 250 266 316

入学金・学費・諸費等(2017年度)

フリックしてご覧ください。

           
1年次 2年次
年額 前期 後期 年額
入学金 300,000 300,000
授業料 910,000 455,000 455,000 910,000
施設費 230,000 115,000 115,000 230,000
教具・教材費 12,000 12,000 12,000
図書費 10,000 10,000 10,000
学友会入会金 5,000 5,000
学友会費 7,000 7,000 7,000
同窓会終身費 20,000 20,000
教育後援会費 12,000 12,000 12,000
1,506,000 936,000 570,000 1,181,000

事故に備えた全学生対象の保険

事故に備えた全学生対象の保険

本学の全学生を対象に、授業中や課外活動中に起きた不慮の事故の傷害による入院または通院に対する保障制度として「学生教育研究災害保険」に加入しています。保険の対象になる場合は、すぐに教学部にご連絡ください。

学生が教育研究活動中に被った災害件数

フリックしてご覧ください。

年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
件数
正課中 11 19 20
課外活動中 41 43 36
その他 12 16 13
合計 64 78 69

学生の経済負担を軽減する制度(奨学金制度)

学生の経済負担を軽減する制度(奨学金制度)

大学制度の経済的な負担を軽減する目的で奨学金制度があります。本学では、日本学生支援機構・小野奨学会などの各種奨学金制度の利用を申し込むことができます。奨学金に関する相談や質問は教学部で行っています。

日本学生支援機構ホームページへ

快適・充実生活のマンション、クラブハウス

快適・充実生活のマンション、クラブハウス

本学に在籍している学生の大半が大学周辺に住んでいます。ワンルームマンションや共同住宅(個室)など豊富にありますので、希望者は教学部に相談してください。
新入生については、入学手続き時に教学部が紹介する賃貸住宅情報誌「お部屋探しガイドブック」を送付し、住まいを紹介しますので、安心して学生生活をおくることができます。また、陸上・柔道・剣道・サッカー・バスケットボールはクラブハウスがあり、(男子のみ、女子のみのクラブがあります。)、充実した4年間を過ごせるでしょう。

マンション・クラブハウスについてを見る

本学の家庭との連絡を充実するサポート

本学の家庭との連絡を充実するサポート

本学の学生と保護者を会員として組織されているのが、「大阪体育大学教育後援会」です。その目的は、大学の発展に資するとともに、大学と家庭との連絡を密にし、会員相互の親睦を図ることです。本会員の主な事業は以下の通りです。

事業
  • 卒業行事への助成
  • 学生の傷害治療に対する援助
    (正課・課外活動での傷害治療のうち、学生教育研究災害保険で取り扱わない傷害について、治療費の補助(保険扱い)を行い、学生が安心してスポーツ活動ができるように援助します。)
  • 学生の健康管理についての助成
  • 学生のクラブ活動、学友会活動への助成
  • 学生の進路指導に対する側面的援助
  • 大学と家庭との連絡、会報の発行