大学紹介

HOME > 大学紹介 > 大学院

大学院

大学院のあらまし

 現在、体育・スポーツ科学にもとめられているものは、少子・高齢化する社会における国民の健康維持と、スポーツを通して国民の豊かな生活の実現に寄与することであると考えられます。
 このような社会的要請と体育・スポーツ科学の高度化・多様化に応え得る広い視野と高度な知識を持った人材の養成を目的に、本大学院は西日本唯一の体育大学大学院として、平成4年に発足しました。平成13年には博士後期課程を開設し、平成16年には記念すべき初のスポーツ科学研究科博士課程が完成しました。
 本大学院は、博士課程を前期課程 ( 2年 ) と後期課程 ( 3年 ) に分け、スポーツ科学のさらなる発展と真のスペシャリストの養成をめざしています。設置した10学問分野(スポーツ史・哲学、スポーツ社会学、スポーツマネジメント、スポーツ心理学、アダプテット・スポーツ、バイオメカニクス、教授学(指導方法学)、スポーツ生理学、スポーツ医学、スポーツ栄養学)では、指導教員の専門性に応じて「スポーツ文化領域」「競技スポーツ領域」「健康スポーツ領域」「学校体育領域」「レジャー・レクリエーション領域」を対象とした学術的な研究と教育に取り組むことができます。また、長期インターンシップ制度を導入するなど、時代の要請にあった実践的スペシャリストの養成も積極的に取り組んでいます。
 さらに、外国人教師の招聘、専門の異なる大学からの講師招聘、公開シンポジウムやセミナーの開催など、学問の発展と社会への還元の両面を見据えた活動を展開しています。これらの活動は、独創性を持った人材養成とともに、修了生や体育・スポーツ関係者の活躍の場の拡大につながります。
 このように本大学院への期待が多面的に高まる中で、学生と教職員全員が力を合わせて教育・研究のさらなる充実と発展を図りながら、これまで以上に社会の要請に答え、寄与していきたいと考えています。

ページトップに戻る

大学院で学べる5つの領域

スポーツ文化領域

スポーツが、社会に対して実際どのような機能を発揮しているか、発揮してきたのかを、社会学や教育学、歴史学などの学問を通じて解明し、近年の体育・スポーツ科学の成果を、スポーツ文化に昇華させる理論を構築することに取り組む領域です。

競技スポーツ領域

競技スポーツのパフォーマンスを高めるために必要な技術の解明とトレーニング方法の開発、そして選手との実践的な取り組みやスポーツの環境づくりにかかわる諸々の出来事に取り組む領域です。

健康スポーツ領域

スポーツなどの身体活動が人の健康にどのようにかかわるのか、その効果(肉体的・精神的)に関する検証をすすめるとともに、スポーツ活動にともなう傷害予防やリハビリテーションの方策を明らかにしようとする領域です。

学校体育領域

学校教育における保健体育の授業実践に関わる問題について、スポーツ科学の成果を用いて指導法・教授法などを明らかにします。そして体育教師の在り方(生徒指導、教科指導、学校経営など)などについて取り組む領域です。

レジャー・レクリエーション領域

スポーツ・レジャー・レクリエーション・野外教育に関連する現象を研究対象とする領域です。具体的には、これらの活動を「する」または「みる」という行動、関連する組織の経営、行政が展開する政策などです。

ページトップに戻る

研究領域・学問分野表

■博士後期課程:博士論文指導担当
■博士前期課程:修士論文指導担当
※ 博士後期課程担当者は全員博士前期課程・修士論文も担当します

博士後期課程担当教員一覧 |  博士前期課程担当教員一覧

 

    研究領域
スポーツ文化 競技スポーツ 健康スポーツ 学校体育 レジャー・
レクリエーション
学問分野 スポーツ史・哲学 梅垣・中房 梅垣・中房・曽根 梅垣 梅垣・中房 梅垣
スポーツ社会学 中山 中山 中山 _ 中山
スポーツマネジメント 冨山 冨山・藤本 冨山・藤本 福田 伊原・冨山
福田・藤本
スポーツ心理学 土屋
手塚・町田
荒木・土屋
菅生・手塚・町田
土屋
菅生・手塚
土屋
手塚
土屋
手塚
アダプテッド・
スポーツ 
_ 荒木 _ _ _
バイオメカニクス _ 石川
神﨑・下河内
藤原・淵本
下河内・淵本 石川
髙本・淵本
_
教授学
(指導方法学)
梅垣 浅井・梅林・神﨑
曽根・髙本・藤原
梅林・神﨑 梅垣・梅林・加藤
神﨑・髙本・福田
伊原・福田
スポーツ生理学 _ 浜田
足立・梅林・豊岡
浜田
足立・梅林・豊岡
梅林 _
スポーツ医学 _ 前島・森北 前島・森北 前島 _
スポーツ栄養学 _ 岡村 岡村 岡村 岡村

①史哲・行動科学領域
②身体運動・コーチ科学領域
③健康・医科学領域

【単位区分ごとの科目数】

■大学院スポーツ科学研究科博士前期課程
 
科目区分 単位区分ごとの科目数 合計科目数
1単位 2単位 4単位
共通科目 120 41 0 161
総合科目 0 2 2 4
合 計 120 43 2 165

■大学院スポーツ科学研究科博士後期課程

科目区分 単位区分ごとの科目数 合計科目数
1単位 2単位 4単位
共通科目 48 15 0 63
合 計 48 15 0 63
 
 
【大学院修了要件】
 
大学院スポーツ科学研究科博士前期課程の修了要件は、2年以上在学し、所定の単位を30単位以上修得の上、学位論文の最終試験に合格することとなっており、修了者には修士(スポーツ科学)の学位が授与されます。修了に必要な最低修得単位数の内訳は、共通科目より、所定の科目8単位以上(スポーツ科学統計(1)(2単位)、スポーツ科学セミナー(2単位)、指導教員の特論演習(1)~(4)(合計4単位))を含む30単位以上となっています。総合科目も修了要件単位数に含みます。
 
大学院スポーツ科学研究科博士後期課程の修了要件は、3年以上在学し、所定の単位を10単位以上修得の上、学位論文の最終試験に合格することとなっており、修了者には博士(スポーツ科学)の学位が授与されます。修了に必要な最低修得単位数の内訳は、共通科目より指導教員の特講演習(1)~(6)合計6単位を含む10単位以上となっています。
 
 
【2014年度 博士論文】
 「 一過性運動による骨格筋と脳のモノカルボン酸トランスポーター発現効果と分子機序に関する研究 」 瀧本 真己
 「 Stretch-shortening cycle運動における筋活動特性 」 新井 彩
 
【2015年度 博士論文】
 「ケニア人のエリート陸上中・長距離選手の骨格・筋腱の形態と神経・筋腱の機能特性」 佐野 加奈絵
 「運動が動脈スティフネスに及ぼす効果の持続について」 小芝 裕也
 「海外派遣サッカー指導者に関する心理学的研究:異文化におけるコーチングの視点から」 松山 博明
 
ichiran.png

ページトップに戻る

 

大学院研究科長 荒木 雅信

ひとにやさしい研究を

荒木 雅信 博士前期課程では、総合的な視点からスポーツ現象を分析・評価できる高度なスポーツ科学の知識をもった専門家や実践的な指導者を養成することを、同後期課程では社会の多様なニーズに応えるために、高度な専門的知識に裏打ちされた斬新な研究を行なう研究者を養成することを目的としています。
スポーツ科学の研究対象は、"ひと"です。そして、ヒトと環境との相互循環因果関係を解明するために、それは体力科学,バイオメカニクス,スポーツ生理学・社会学・心理学・栄養学・史・哲学・医学・マネジメントや教授学など幅広い学問分野から構成されています。だから、ひとつの学問分野の研鑽だけでなく、周辺の学問分野への興味も必要になります。これは、スポーツ科学者の「感性」といえます。研究活動の中で「直観・分析・統合・再考」というステップを繰り返しながら、この感性を磨いてください。
スポーツでは、現場に適応した研究成果が求められます。「スポーツ現場に役立つ研究かどうか」、それはスポーツの現場が決めることです。大学院では、自分の感性を生かして「基礎研究」に没頭することが大切です。ただし、研究対象はやはり"ひと"です。"ひとにやさしい研究"を心がけて欲しいと思います。

2017年度 募集要項

ページトップに戻る

大学紹介