• TOP
  • 大学案内
  • 建学の精神

建学の精神

MESSAGE

不断の努力により智・徳・体を修め
社会に奉仕する

学長メッセージ

それぞれの夢に向かって、
思い切りDASHしよう!

 大阪体育大学は、「不断の努力により智・徳・体を修め社会に奉仕する」を建学の精神に、1965年に関西初の体育大学として開学、以来、体育・スポーツ領域を基軸に教育、研究の更なる進化を希求し1992年に大学院修士課程を、2001年には博士後期課程の扉を開きました。加えて開学50周年となる2015年には、体育・スポーツの専門性を有する小学校教育や特別支援教育にスポットを当てた教育学部を新設するなど、豊かな教養と専門性を兼ね備えた人材育成に努め、今日24000名を超える卒業生が学校教育、公務員、企業、スポーツ関係など多様な分野で活躍しております。
 また、開学50周年を機に、教育力、研究力、世界に向けたアスリートの育成・サポート力の3つの将来展望を新機軸とする「大体大ビジョン2024」を策定し、ビジョンの具体的施策の一つとして「DASH(Daitaidai Athlete Support &High Performance)プロジェクト」を立ち上げるとともに、2018年には、DASHプロジェクトはもとより広く本学のスポーツを推進、統括する組織を目指す「スポーツ局」を創設しました。
 昨年のラグビー・ワールドカップ、未だ歓喜の余韻を残す中で、我が国二度目となります夏季オリンピック・パラリンピックの諸準備が着々と進められて参りました。世界的規模へと拡大する感染症の影響を受け、来年への延期を余儀なくされましたが、人類の英知により苦境が速やかに克服され、世界のアスリートが思う存分に競い合う姿を心待ちにしております。そしてスポーツの素晴らしさが改めて広く認識され、スポーツが我々の生活文化として誰もが享受していく社会へと歩み出すことを願っております。皆さん一人一人が有している無限大の可能性を本学で開花させ、新たな大阪体育大学の歴史を共に切り拓いていきましょう。

大阪体育大学 学長岩上 安孝

大学案内ABOUT OUHS

▲