体育学部 / スポーツ教育学科

コーチ教育コース

COACH EDUCATION

SCHOOL

的確な指導で、アスリートを夢の舞台へ。

コーチ教育コース

スポーツ指導の現場に求められる
専門的知識と指導力、幅広い教養を身につける。

実際の現場でコーチングするための知識や教養、経験をもち、選手の競技やレベルに合わせた的確な指導ができるコーチングのプロフェッショナルを育成します。

[学びのポイント]
  • 実践的な指導力を養成するコーチング実習が中心。
  • 自身の競技者としての運動能力を高めつつ、コーチングの基本理論、コーチの役割、トレーニング法、練習計画の立て方といった基礎知識を習得。
  • 演習では各種の競技スポーツ・武道・ダンスの特性や指導方法を研究。
  • 体育関連施設でのインターンシップ制度が充実。

授業紹介

コーチング法3年次

スポーツ指導には、言葉がけやコミュニケーション能力など各スポーツ種目に共通した指導力と、専門的な技術指導やトレーニング法などのコーチングがあります。専門教員が各専門種目におけるコーチング法について、実技や講義により解説します。

トレーナー実習3年次

アスレティックトレーナーに求められる、人体のメカニズムに関する知識を習得。また、コンディショニングに関わるストレッチング、スポーツマッサージ、テーピングについて、基礎から応用まで実技を行いながら身につけることをめざします。

競技スポーツ論3年次

競技スポーツと健康スポーツの関係を理解し、各種スポーツ競技者の育成に必要な知識を習得します。また、一流競技者および指導者の行動、言動を分析し、自分の考えを構築するとともに、競技者としての素養を身につけます。

動作分析法3年次

バイオメカニクス研究やコーチング研究の第一歩は、身体の動きを客観的に説明することです。本講義では、グループごとに考えた研究テーマにそって、身体運動をビデオで撮影し、その映像をもとにフォームを観察。角度や速度の分析に取り組みます。

教員紹介

藤原 敏行

藤原 敏行TOSHIYUKI FUJIHARA

専門分野は、スポーツバイオメカニクス、コーチング(体操競技)。担当科目は、バイオメカニクスなど。近年は、大体大DASHプロジェクトとして「器械体操における競技力の可視化および即時フィードバックシステムの構築」を研究している。体操競技部男子の監督である。

学生VOICE

木村 翔さん

体育学部 スポーツ教育学科 3年

木村 翔さん

RECOMMEND CLASS

  1. 1

    • ■ 体力トレーニング論・同実習
    • ■ スポーツ測定評価
  2. 2

    • ■ 国際スポーツ論
    • ■ スポーツ史
  3. 3

    • ■ スポーツ文化論
    • ■ スポーツ事故法律論

MOVIE

YouTube

このコースを志望したのは、将来、地元の野球チームにコーチとして携わりたいという想いから。特に興味深かった授業は「国際スポーツ論」です。多数の競技をテーマに、ルールの変遷や別競技へ枝分かれする過程になどを学び、競技も時代とともに変化していることを知る機会になりました。自身が経験したことのない競技も、論理的に指導できるよう、技術を磨いています。

※学年は2020年3月現在。

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲