2017.09.14

平成29年度スポーツ庁委託事業「大学横断的かつ競技横断的統括組織 (日本版NCAA)創設事業(大学スポーツ振興の推進)」に採択されました

大阪体育大学は、2015年の開学50周年に「大体大力、新しい時代を切り拓く」をテーマワードとして、「研究・教育・拠点づくり」の3つを「大体大ビジョン2024」として掲げ、「研究」「教育」のさらなる推進と共に、「地域社会の活性化に貢献する拠点、および、世界で活躍するアスリートと指導者を育成・サポートする拠点づくり」を進めています。その中核事業として、2016年度から「大体大DASH(Daitaidai Athlete Support & High Performance)プロジェクト」と称し、本学が有するスポーツ医・科学の研究・教育の知見を活かした学生アスリートのハイパフォーマンス支援に加え、学習、キャリアなどの総合的アスリート支援を稼働しています。
そして、この度スポーツ庁が大学運動部の統括、学生アスリートの管理、スポーツを通じた大学ブランド力向上の機能を担う部局(アスレティックデパートメント)を設置しました。大学横断的、競技横断的な“日本版のNCAA”の創設と同時に、各大学のスポーツ分野を戦略的かつ一体的に管理・統括する「大学スポーツアドミニストレーター」を全国の100の大学に配置することを目標に定めています。これを受け、本学でも、「アスレティックデパートメント」が期待される業務を包括し、学内従来業務を横断統合し、さらなる連携を担う「スポーツ局」創設のため準備を進めています。(2018年4月開設予定)
「大体大DASH(Daitaidai Athlete Support & High Performance)プロジェクト」とも連動し、スポーツ専門大学ならではの豊かなキャンパス、施設、教育力、研究力を活かし、これらの知見を活用した地域交流、社会貢献事業の展開に全学を挙げて取り組んでまいります。 この度採択されました以下4つのプロジェクトを柱とし、4月に開設したスポーツ局準備委員会の委員で構成された教職員を中心に、全学体制で統括管理を行います。本件分野における十分な知見と資質を備え、本学の将来構想を推進する体制を有しており、本事業を推進してまいります。

1)スポーツ分野の統括業務の実施
2)大学スポーツ・アドミニストレータの配置
3)大学スポーツにおける先進的モデルの企画・立案及び実施
4)学産官連携協議会への協力

詳しい事業に関しましては、別紙をご確認ください。

取材に関しましては、申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申し込みください。