2017.07.31

論文発表:体育学部 教授 下河内洋平
「コンプレッションウェアの就寝時の着用が高強度の伸張性および短縮性運動により生じた大腿四頭筋疲労の回復に及ぼす効果」

体育学部 下河内洋平教授が、「Effects of wearing a compression garment during night sleep on recovery from high-intensity eccentric-concentric quadriceps muscle fatigue(コンプレッションウェアの就寝時の着用が高強度の伸張性および短縮性運動により生じた大腿四頭筋疲労の回復に及ぼす効果)」の論文を発表し、アメリカ合衆国のNational Strength and Conditioning Association(NSCA)が出版する学術誌であるJournal of Strength and Conditioning Researchに、2017年7月3日に受理されましたので、お知らせいたします。
なお、この研究は、株式会社デサントからの受託研究です。

詳しい研究概要は大阪体育大学ホームページ【教育・研究】の【論文発表】ご確認ください。

≪掲載紙≫
Journal of Strength and Conditioning Research 【2017年7月3日受理】
National Strength and Conditioning Association(NSCA)出版

≪論文タイトル≫
Effects of wearing a compression garment during night sleep on recovery from high-intensity eccentric-concentric quadriceps muscle fatigue
【日本語:コンプレッションウェアの就寝時の着用が高強度の伸張性および短縮性運動により生じた大腿四頭筋疲労の回復に及ぼす効果】

≪筆頭著者&責任著者≫
下河内洋平 Shimokochi Yohei
専門分野:スポーツ医学、アスレティックトレーニング
学位:博士(運動・スポーツ科学)
資格:ATC(全米アスレティックトレーナーズ協会BOC公認アスレティックトレーナー)、JATI-AATI(日本トレーニング指導者協会認定上級トレーニング指導者)
研究室ホームページ:www.shimokochi.jp
ResearchGate Address: www.researchgate.net/profile/Yohei_Shimokochi
詳しくはこちらをご確認ください。


お問い合わせ、取材をご希望される場合は、申込書に必要事項をご記入の上、大阪体育大学企画広報室にFAXをいただくようお願いいたします。
申込書をダウンロード
取材申込書類送付先 FAX: 072-453-8972