広報ブログ

HOME > 広報ブログ > 2016年度 第10回スポーツ科学セミナー -大学院からの報告-

2016年度 第10回スポーツ科学セミナー -大学院からの報告-

大学院事務室より、第10回スポーツ科学セミナーの報告です。11月28日(月)、国立スポーツ科学センター副センタ―長・ハイパフォーマンスセンターハイパフォーマンス戦略部部長の久木留毅先生をお招きし、「ハイパフォーマンスセンターにおける2020年東京大会のレガシー」というテーマで講義をしていただきました。JISSではハイパフォーマンスセンター構想を立ち上げ、来年4月からの稼働に向けて準備が進められていることに関連して、今回は2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける現在の動向と、開催までの4年間の取組について講義していただきました。残された時間は4年間しかないため、リオデジャネイロオリンピックと比較した場合、東京オリンピック・パラリンピックはどうすれば良いのか、世界に勝つために本当に必要なものは何なのか、スポーツ界だけで変われるのか、競技力強化はどのように行い、どう展開していけば良いのかなど、具体的に聞くことができました。また、今後のスポーツ界で必要なことは、最新テクノロジーの構築とネットワーク(特に語学)であること、そして大学院生には、大阪体育大学での研究をどのように推進するのか、そしてどのように展開するのか、常に将来のことを見越して考えるようにとのアドバイスをいただきました。

投稿者:広報室 2016/11/30 AM09:16 個別ページへ

広報ブログ

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ