学部・学科Department

体育学部 スポーツ教育学科スポーツ心理・カウンセリングコース

心理学的知識を持ち、心と身体の両面からアプローチできる指導者へ。

心理学的側面からの研究の必要性が高まる中、心と身体の両面からアプローチするコース。
競技力向上に役立つメンタルトレーニングの基本や、心と身体の関係を系統的に学びます。
またライフセービングを通して命の大切さを体得し、心理学的知識・技法を修得し、カウンセリングマインドを持った指導者を養成します。

学びのポイント

  • POINT1

    スポーツ心理学などの
    心理学の基本を学ぶ

    スポーツ心理学・メンタルトレーニング・スポーツカウンセリングなど、対象者の状況にあわせて心理学的にどのようにアプローチするか、その基本を学ぶ。

  • POINT2

    さまざまなスポーツ現場でインターンシップ

    さまざまな体育・スポーツ施設などに出向き、実際に心理的サポートやカウンセリングを体験する。インターンシップを通して心理学がスポーツにどう関係するかを体得できる。

  • POINT3

    心のケアや命の大切さを
    体得できるプログラム

    ダンスや運動を通じて心のケアを学ぶ。また、ライフセービングを通して命の大切さを体得する。自分の身体を使いながら、心と身体、命について理解を深める。

未来に必要な力を極めるためのさまざまな学び

  • メンタルトレーニングを修得し、
    指導や自身の競技に活かす

    確かな研究成果に裏付けられた科学的根拠をもとにメンタルトレーニング技法を基礎から学ぶ。それを実践的に取り入れていく方法を考え、自身の競技力向上に活かせるようにする。
  • トップアスリートの心を分析し、
    競技者へ心理的アプローチを図る

    心理検査や行動分析、生理指標を測定する実験などを通じて、トップアスリートの心の特徴を科学的に分析する。競技者の心理面の強化に役立つ研究から、アスリートの心理について理解を深める。
  • スポーツ選手の心理的問題を理解し、解決法を考える

    スポーツ選手に対する数多くの心理サポートの実践事例を聞きながら、プレッシャーや人間関係などに悩むアスリートの心理的問題について理解を深め、検討する。
  • 生徒の人間性を育成できる
    保健体育教員になる力を養成する

    学校体育や部活動指導を通じて、生徒の豊かな人間性を育成できる指導力を身につける。将来、学校現場において、生徒の精神的成長を促せるカウンセリングマインドを持った保健体育教員を養成する。
  • インターンシップを通じて、
    幅広い現場経験を修得する

    幼児から高齢者、スポーツ愛好家やプロスポーツチーム、障がい者スポーツ施設など、さまざまなスポーツ指導場面でインターンシップ実習を行い、スポーツ現場の実情を把握し、幅広い現場を経験する。
  • 心理学的アプローチから
    命の教育について考える

    スポーツ指導における体罰・暴力の根絶をめざし、心理学的アプローチから命の教育について理解を深める。また体育やスポーツ参加者の身体の安全を守るため、救急救命の観点から学ぶ。

PICK UP授業

  • 運動学習論

    運動の心理的メカニズムを把握し、運動指導の理解と実践へとつなげる

    講義の前半では、運動のメカニズムと運動学習の原理について概説し、効果的な運動指導について理解を深めることを目的とする。後半は、脳と身体のつながりについて簡単な実験を通して学習し、あわせて最新のトピックにも触れる。

  • 教育カウンセリングⅡ

    学校現場で求められる教育カウンセリングについて学ぶ

    学校教育現場における教員のカウンセリングマインドの必要性が叫ばれている。本講義ではNPO日本教育カウンセラー協会の標準テキストに準じ、教育カウンセリングに必要な知識と技術を学び、実践の場に活かせるようにする。

  • コーチングの心理学

    スポーツ心理学の立場からコーチとしての力を修得する

    主としてスポーツ心理学の立場からコーチングの実践的情報を概説する。コーチングやリーダーシップに関する理論、スキルを学び、それをコーチングの実践に活かすことをめざす。

  • スポーツ心理学実験実習

    スポーツ心理学の知識を持って実験データの処理、解釈を行う

    心理的側面の客観的指標について理解を深め、測定できる知識と技術を持つことは大変重要である。本実習では基礎科目やスポーツ心理学等の講義で修得した知識を活用し、実際にスポーツ心理学の実験を行ってそのデータの採取から処理、解釈まで体験することを目的とする。

  • インターンシップB

    さまざまな現場において指導者としての知識と技術を実践する

    学校や障害者スポーツ施設、健康増進施設でのインターンシップを通して、職業選択や就職活動への道を開き、教育者・スポーツ指導者の素養を身につける。また、大学で学んだ知識や技術を現場で実践する。

  • コミュニティダンス論

    ダンスの社会的意義について実践的に理解を深めます。

    言葉を使わずに身体表現することでコミュニケーションできるダンスは、健康、福祉、教育、地域社会といったさまざまな場面で注目されています。コミュニケーション力、創造性、自己効力感などを育むダンス技法の学びを通してコミュニティダンスが社会に与える役割について理解します。

気になる授業をピックアップ!!

PICK UPゼミ

  • 手塚洋介ゼミ

    こころと身体の関係について理解を深め
    自身の答えを導き出す力を身につける。

    「どうしたら思い通りにプレーできるのか」「なぜ身体を動かすと気持ちがよいのか」といったスポーツに対する疑問を、心理学的方法論を用いて解き明かすことをめざします。実験や調査などの科学的研究法を通じてこころと身体の関係について理解を深めるとともに、一人ひとりが自分自身の答えを導き出せるような心理学的態度(物事を論理的・実証的に考える力)を身につけるためのプログラムを実施します。

  • 白井麻子ゼミ

    身体から語りかけるメッセージとは?心と身体のつながりを理解する。

    ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)のひとつに身体から発するメッセージ(表現)がある。身体の表現と心は密接な関係があり、そのつながりについて文献を読み、実験・実践を通して理解を深める。またダンスやスポーツを通して教育者や指導者といったさまざまな視点に応用できるコミュニケートする身体を獲得していく。4年次の卒業研究では、各自が興味を持ったテーマについて調査し、ディスカッションやプレゼンテーションを行い、客観的な意見を加味しながら、卒業論文を作成する。

注目のゼミをピックアップ!!

取得可能な主な免許・資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)
  • キャンプインストラクター
  • 初級・中級障がい者スポーツ指導者
  • レクリエーション・インストラクター
  • トレーニング指導者
  • 講道館柔道初段
  • テニス指導員
  • 水泳指導員

:単位を習得すると取得できるもの
:単位を習得の上、受験資格が与えられ試験合格で取得できるもの

めざせる将来像

学校・教育分野
  • 中学校・高等学校教員(保健体育科)
  • 小学校教員
トレーナー分野
  • 企業チーム所属トレーナー
  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
アスリート分野
  • プロ選手
  • 実業団選手
生涯スポーツ分野
  • 地方公共団体のスポーツ施設
  • 幼稚園・幼児体育施設
  • フィットネスクラブ
  • スポーツ財団法人
指導者・コーチ分野
  • コンディショニングコーチ
  • 各種スポーツ団体指導者
  • 地域スポーツ指導者
  • 障がい者スポーツ指導者
公務員分野
  • 警察官
  • 消防官
  • 刑務官
  • 自衛官
スポーツビジネス分野
  • スポーツイベントプロデューサー
  • プロスポーツマネジャー
  • 民間スポーツマネジャー 
  • スポーツ用具製造・販売企業
  • スポーツ関連企業
  • スポーツツーリスト
マスメディア分野
  • 新聞社
  • テレビ局
  • 出版社
  • スポーツライター
一般企業分野
  • 営業・販売部門
  • 商品企画開発部門
  • 宣伝・広報部門
カウンセリング分野
  • スポーツメンタルトレーニング指導士
  • スクールカウンセラー
  • スポーツカウンセラー
  • 心理相談員
医療・福祉分野
  • 病院などの医療機関
  • 福祉施設
  • 健康増進施設
研究者分野
  • 大学院進学