学部・学科Department

体育学部 スポーツ教育学科体育科教育コース

専門性と人間性を兼ね備えた保健体育教員へ。

スポーツのすばらしさを伝え、同時に信頼関係を築ける体育教員を養成するコース。
「楽しくて、わかる」授業づくりや、スポーツのすばらしさを伝えることができる教員であるとともに、体育の専門性と豊かな人間性、柔軟な創造性をあわせ持つアクティブ・ティーチャーをめざします。

学びのポイント

  • POINT1

    高度なスポーツ科学の
    知識を修得して
    優れた教員に

    体育大学ならではのスポーツに関する高度な専門知識と指導法を身につける。学校現場でスポーツのすばらしさを伝え、信頼される教員をめざす。

  • POINT2

    体育・保健の理論と
    模擬授業やインターンシップなどの実践重視

    体育・保健に関して科学的に裏付けされた理論を学び、模擬授業や教育現場でのインターンシップなど、十分な実践を経験して知識を自分のものにする。

  • POINT3

    社会人として、
    教育者として
    行動力ある教員をめざす

    教育者としての十分な教養を持ち、自身が率先して動くことができる行動力を養う。学校現場で生徒から慕われる体育教員を養成する。

未来に必要な力を極めるためのさまざまな学び

  • 教育現場において
    教員としての適性を確認する

    インターンシップでは直接学校現場に入り、教職の業務を観察、補助する。それによって学校や生徒を知ることができ、教職への意欲を喚起するとともに、教員としての自己の適性を確認する。
  • 実践的指導能力を身につけるための課題を理解する

    授業の単元計画や学習指導案の作成を通して、球技・武道・器械運動・陸上競技に関する特性について理解を深める。また模擬授業と授業分析により実践的指導能力を身につけるための課題を理解する。
  • 「保健を教えること」も好きになるアクティブ・ティーチャーになる

    保健教科書を手掛かりに、題材について徹底的に教材研究をする。授業の善し悪しを決める教材研究を極め、少人数形式の模擬授業を行い、参加者全員で気づき、共有、修正を繰り返し、学びを深める。
  • 保健体育科の教員になるために、
    専門教養を身につける

    教員採用試験や教育実習に向けて、保健体育教員としての専門的な知識を中心に学びを深める。また修得した知識を効果的に活用するための思考力・判断力・表現力を養う。
  • 体育の授業をどう創るか、
    どのような指導法が望ましいのかを考える

    「教わる立場」から「教える立場」への意識の転換からスタート。そして「より良い授業とは何か」を深く考える。具体的な教材・教具を理解しながら、実践的指導力を修得する。
  • 体育授業で必須のダンスや
    柔・剣道の指導力を身につける

    体育授業で必要なダンスや柔道、剣道。本コースでは男女ともにダンスは必修となり、女子も柔道や剣道を履修する。体育教員として幅広い分野の指導力を身につけることができる。

PICK UP授業

  • 保健体育教職特講

    保健体育教員としての専門教養を試験形式で身につけ、今後の対策を考える

    保健体育教員になるには、一般教職・専門教養の他、論文作成能力、体育実技能力やプレゼンテーション能力も必要。本講義では、最低限必要な専門教養を中心に学ぶ。授業は教員採用試験を意識し、毎回試験形式とする。

  • 柔道IB

    柔道の基礎的知識・技能から指導法までを学び、その教育的価値についても理解を深める。

    柔道の基礎的な知識・技能の修得と指導法について学ぶ。また、その精神や教育的価値についても理解を深め、講道館柔道初段取得をめざす。

  • 授業研究ⅠA(体育)

    さまざまな競技の模擬授業から指導法、授業評価等を行う

    球技・器械運動・陸上競技・剣道を中心に模擬授業を展開し、体育における教授法・指導案の作成、授業評価・分析法等の専門的知識を理解するとともに、実践的指導能力を身につける。

  • 授業研究ⅠB

    保健教科について、楽しくわかる授業作りの考察を深める

    保健教科の授業作りでは、どうすれば「楽しくて、わかる授業」を創造できるかを学ぶ。理論を実践に転化させるために各自が中学・高校の保健学習内容の教材をもとに指導案作りに取り組み、模擬授業を行う。

  • インターンシップA

    アシスタントティーチャーとして実際の学校現場を体験する

    近隣小・中・高校のアシスタントティーチャーとしての実践を通じて、教育現場における体育授業の方法、留意事項、児童・生徒との関わり方を学び、教師の役割や厳しさ、喜びを体験する。教育の実践的能力を身につけることはもちろん、教師になることへの自信と意欲の向上をめざす。

  • 体育科教育学

    体育授業とはどんなものか考え教員の役割について理解する

    体育科教育学は、体育授業を中心とする体育実践の改善を目的に行われる研究分野。「体育授業の構造」や効果的な体育授業を実現するための「教師の役割」を中心に講義を行い、これらを理解する。

気になる授業をピックアップ!!

PICK UPゼミ

  • 小林博隆ゼミ

    「意味のあることを、熱意をもって、
    上手に教えられる」教員をめざす。

    よい授業とは?優れた保健体育教員とは?意味のある教材・教具とは何か?保健体育の教員に求められる実践的能力を理解しながら、どのような要素が必要なのかを考え、研究する。小・中学校の教育現場に出向き、体育授業を参観することによって客観的に課題をみつけることもできる。3年次は講義や模擬授業、4年次では各自研究を進め、レポートを作成する。

注目のゼミをピックアップ!!

取得可能な主な免許・資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)
  • キャンプインストラクター
  • 初級・中級障がい者スポーツ指導者
  • レクリエーション・インストラクター
  • トレーニング指導者
  • 講道館柔道初段
  • テニス指導員
  • 水泳指導員

:単位を習得すると取得できるもの
:単位を習得の上、受験資格が与えられ試験合格で取得できるもの

めざせる将来像

学校・教育分野
  • 中学校・高等学校教員(保健体育科)
  • 小学校教員
トレーナー分野
  • 企業チーム所属トレーナー
  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
アスリート分野
  • プロ選手
  • 実業団選手
生涯スポーツ分野
  • 地方公共団体のスポーツ施設
  • 幼稚園・幼児体育施設
  • フィットネスクラブ
  • スポーツ財団法人
指導者・コーチ分野
  • コンディショニングコーチ
  • 各種スポーツ団体指導者
  • 地域スポーツ指導者
  • 障がい者スポーツ指導者
公務員分野
  • 警察官
  • 消防官
  • 刑務官
  • 自衛官
スポーツビジネス分野
  • スポーツイベントプロデューサー
  • プロスポーツマネジャー
  • 民間スポーツマネジャー 
  • スポーツ用具製造・販売企業
  • スポーツ関連企業
  • スポーツツーリスト
マスメディア分野
  • 新聞社
  • テレビ局
  • 出版社
  • スポーツライター
一般企業分野
  • 営業・販売部門
  • 商品企画開発部門
  • 宣伝・広報部門
カウンセリング分野
  • スポーツメンタルトレーニング指導士
  • スクールカウンセラー
  • スポーツカウンセラー
  • 心理相談員
医療・福祉分野
  • 病院などの医療機関
  • 福祉施設
  • 健康増進施設
研究者分野
  • 大学院進学