学部・学科Department

体育学部 健康・スポーツマネジメント学科健康スポーツコース

人々の健康づくりをリードし、
医療・福祉の現場でも活躍するスペシャリストへ。

生活習慣病、ストレスといった心身の不調を訴える人が増える中、スポーツ・運動がどのように役立つのかを科学的に解明するコース。
人体構造、運動や栄養との関係を学び、それぞれの関係性を理解することで、スポーツが健康づくりに役立つ手法を身につける。体育・スポーツ分野だけでなく、医療・福祉分野でも活躍できる高度な職業人を養成します。

学びのポイント

  • POINT1

    身体運動と人体の関係に
    ついての知識を修得

    人体の構造や機能を学び、身体運動が人体におよぼす作用などを学習する。健康のために何が必要か、運動の役割について理解を深める。

  • POINT2

    疾病予防に有効な
    運動処方などを学ぶ

    運動が人体にどのように影響するのかを学び、さまざまな疾病予防に対して有効な運動は何なのか理解する。また効果的な運動プログラムの作成も行う。

  • POINT3

    インターンシップで
    より実践力を高める

    講義などで知識を修得し、医療・福祉施設やスポーツ関連施設などでインターンシップを行い、社会人としての素養を身につける。

未来に必要な力を極めるためのさまざまな学び

  • 運動と身体の関係の基礎となる
    人体の構造を理解する

    人体の形態と徹底的に向き合い、人体構造に関する理解を深める。人体の構造を学ぶことで、スポーツ・運動がどのように健康に関わってくるかを学ぶ。
  • 運動が身体機能を高める効果と
    しくみを理解する

    トレーニングをすると、なぜ筋肉がつくのか。身体運動が人体の筋力・神経・呼吸・循環に対して及ぼす効果と、その仕組みについて理解を深める。
  • 科学的根拠にもとづいた
    栄養学を理解する

    健康のためには栄養は大切な要素。栄養学の基礎を科学的な根拠にもとづいて学ぶ。健康維持やアスリートの身体づくり、パフォーマンス向上に有効な食事を考える。
  • 自分自身や家族の健康を
    管理できる力を身につける

    自分の身体づくりや運動、食事、栄養、休息などを修得した知識を照らし合わせながら、どのように管理していくか考える。学んだ知識を自身の健康管理に生かすことで、理解を深める。
  • 地域高齢社会に対応する力を極め
    社会に貢献できる人材を育てる

    高齢者や地域住民一人ひとりが自立した生活を送れるように、運動を通して支援する力を身につけ、健康な社会の実現に向けて貢献する。住民の健康と自らの実践力を向上させる。
  • 地域住民とのスポーツプログラムを通して実践的教育をはかる

    地域住民の健康増進プログラムの展開に必要な「健康運動実技」を学び、地域住民の健康づくりや体力測定を通して実践力を養う。学生全員が主体的に実習に参加する。

PICK UP授業

  • 健康スポーツ実技B

    健康づくりの運動・スポーツについて実践指導できる力を修得する

    健康づくりを目的として行われる、運動・スポーツ活動についてエアロビクスを中心に実践的に学ぶ。健康づくりを目的とした運動を、安全かつ効果的に実践指導できる能力 (プログラム作成・指導)を修得する。状況に応じて小グループで活動を行う場合もある。

  • 栄養管理

    栄養について理解を深め
    なぜ栄養が必要なのかを考える

    栄養は運動・休養とともに健康の保持・増進にとって重要な要因である。講義では栄養素の役割と食事との関係について理解を深め、種々の健康問題やライフステージにおける栄養・食事のあり方、なぜその栄養・食事が必要かを学ぶ。

  • 臨床スポーツ医学A

    運動療法が、疾病や健康増進にどのように関わっているか理解する

    近年、スポーツは健康増進、疾病予防の面から重要性を増している。本講義では、運動療法が治療法の1つとなる生活習慣病や関節リウマチ・膠原病を理解するとともに、どのような点に注意して運動療法を行うかについて学ぶ。

  • スポーツ生理学II

    運動が身体にどのような影響を与えるか生理学の基礎と応用を学ぶ

    スポーツ生理学は、スポーツや運動によって身体にどのような変化が生じるのか、その現象と仕組みを学ぶ学問である。本講義では、生活習慣病等の疾病予防と健康・体力増進における運動の効果とその仕組みについて学ぶ。

  • 運動プログラム作成法

    健康維持・増進の運動プログラムをさまざまな立場になって体験する

    スポ-ツ活動を健康の維持・増進に役立てるための運動プログラム(種類・強度・時間・頻度)の作成法を実験を通して学び、運動処方するための基礎理論について学習する。各個人が検者、被検者(全員)となり運動処方箋を作成する。

気になる授業をピックアップ!!

PICK UPゼミ

  • 熊﨑敏真ゼミ
    熊﨑敏真ゼミ

    身体の構造や機能についての
    理解を深める研究。

    人の身体にかかわる専門職に必要となる人体構造の知識について、系統解剖学や局所解剖学の視点から理解を深めます。また、特に人体筋骨格系の形態や機能に着目し、学外の研究機関と機能解剖学や臨床解剖学的な研究にも取り組んでいます。これらの活動をとおし、身体の構造や機能について、また臨床で起こる事象を医科学的なエビデンスに基づき説明する能力を培います。

  • 友金明香ゼミ
    友金明香ゼミ

    実験、実習を行いながら、健康づくり、
    体力向上のためのプログラム作成と
    指導について学ぶ。

    健康づくりの現場で必要な指導法を学ぶとともに、それぞれの対象にあわせた運動プログラムが作成できる知識と技術を身につける。必要な文献の内容を要約して、プレゼンテーションを行い、時にはデータ収集、実験、分析など実習や実験を組みあわせた授業を行う。4年次ではより実践的に、健康運動指導に関する実習を行い、発表なども実施する。

注目のゼミをピックアップ!!

取得可能な主な免許・資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)
  • 第一種衛生管理者免許
  • キャンプインストラクター
  • 初級・中級障がい者スポーツ指導者
  • レクリエーション・インストラクター
  • テニス指導員
  • スポーツプログラマー
  • 健康運動指導士
  • トレーニング指導者
  • 講道館柔道初段
  • 水泳指導員

:単位を習得すると取得できるもの
:単位を習得の上、受験資格が与えられ試験合格で取得できるもの

めざせる将来像

学校・教育分野
  • 中学校・高等学校教員(保健体育科)
  • 小学校教員
トレーナー分野
  • 企業チーム所属トレーナー
  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
アスリート分野
  • プロ選手
  • 実業団選手
生涯スポーツ分野
  • 地方公共団体のスポーツ施設
  • 幼稚園・幼児体育施設
  • フィットネスクラブ
  • スポーツ財団法人
指導者・コーチ分野
  • コンディショニングコーチ
  • 各種スポーツ団体指導者
  • 地域スポーツ指導者
  • 障がい者スポーツ指導者
公務員分野
  • 警察官
  • 消防官
  • 刑務官
  • 自衛官
スポーツビジネス分野
  • スポーツイベントプロデューサー
  • プロスポーツマネジャー
  • 民間スポーツマネジャー
  • スポーツ用具製造・販売企業
  • スポーツ関連企業
  • スポーツツーリスト
マスメディア分野
  • 新聞社
  • テレビ局
  • 出版社
  • スポーツライター
一般企業分野
  • 営業・販売部門
  • 商品企画開発部門
  • 宣伝・広報部門
カウンセリング分野
  • スポーツメンタルトレーニング指導士
  • スクールカウンセラー
  • スポーツカウンセラー
  • 心理相談員
医療・福祉分野
  • 病院などの医療機関
  • 福祉施設
  • 健康増進施設
研究者分野
  • 大学院進学