学部・学科Department

体育学部 健康・スポーツマネジメント学科アスレティックトレーニングコース

スポーツ医・科学にもとづいた測定と評価から、
競技者のコンディショニングを学ぶ。

体力トレーニングやコンディショニングからスポーツ傷害の予防、また故障した後のアスレティックリハビリテーションなどに関する、最新の知識と技術を持った人材を養成するコース。
すべての基本となる「測定」「評価」について学び、対象者の身体や運動の現状を把握した上で、その人にあうコンディショニング法などを考える力を身につけます。
アスレティックトレーナーに限らず、体育教員など幅広い業種をめざすことができます。

学びのポイント

  • POINT1

    競技力向上に必要となる
    トレーニングに関わる
    知識を修得する

    スポーツ外傷予防やスポーツパフォーマンスを向上させるための筋力トレーニングや持久力トレーニングメニューを処方するための実践知識を修得する。

  • POINT2

    健康づくりや
    リハビリテーションを
    理解する

    健康づくりに必要な体脂肪燃焼理論を学ぶ。またスポーツによる傷害からの復帰に役立つリハビリテーションの方法などを修得。

  • POINT3

    スポーツ傷害予防
    のための実践的技術と
    応用力を身につける

    実習ではテーピング法、ラボテストなどを行い、より実践的な技術を修得する。現場において、実践・応用力が発揮できることを重視する。

未来に必要な力を極めるためのさまざまな学び

  • スポーツコンディショニングの
    基本となる測定・評価について
    学ぶ

    トレーニングやアスレティックリハビリテーションを処方する際に基本となる測定・評価に必要となる知識を学び、測定機器の扱いを修得する。
  • スポーツ選手の
    コンディショニングについて学ぶ

    疲労を軽減するためのストレッチング、マッサージ、アイシングなどのコンディショニングについて、スポーツ現場で経験を重ねたアスレティックトレーナー有資格教員から実践的技術を学ぶ。
  • パフォーマンス向上のための
    スポーツ科学について学ぶ

    筋肉の収縮のメカニズムや、筋パワーの種類とエネルギー供給の関係などのスポーツ科学を理解する。またそれらの科学的知見にもとづいたトレーニング処方について学ぶ。
  • パフォーマンス向上のための
    トレーニングについて学ぶ

    競技特性を理解した上で、その競技のパフォーマンス向上に必要となる筋力、スピード、持久力、柔軟性、巧緻性などを向上させるための各種トレーニングを学ぶ。
  • スポーツ外傷・障害の
    予防について学ぶ

    スポーツ現場で発生する外傷・障害を予防するために、それらの発生因子を抽出するためのメディカルチェックやフィットネスチェックの知識と技術を修得し、リスク管理の方法について学ぶ。
  • スポーツ現場での
    救急処置法について学ぶ

    教育現場やスポーツ現場で外傷・障害が発生した際に必要となる緊急対応計画の立案方法について学び、固定法や担架による搬送法などの救急処置法を修得する。

PICK UP授業

  • アスレティックリハビリテーション基礎

    怪我からの競技復帰を目的とした
    トレーニングプログラムを学ぶ

    本講義は、アスレティックリハビリテーションの理解へ向けて、重傷頻度の高いスポーツ外傷・障がいを取り上げ、 発生メカニズムとその対応、競技復帰のために求められるトレーニングについて学ぶ。

  • ストレングス・コンディショニング理論

    筋力トレーニングの意味を考え
    実践に活かす力を身につける

    ストレングストレーニング(筋力トレーニング)が、近年目ざましく普及・発展している。本講義では筋力トレーニングの本質を理解し、ストレングストレーニングとコンディショ ニングの理論を学ぶことで実践に活かす力を修得する。

  • テーピング実習

    スポーツ現場で用いられるテーピング技術を身につける

    テーピングは、症状により種類も固さも異なる。本実習 は、ケガの状態を理解し、その状態に合わせたテーピング の技術取得を目標とする。

  • 体力科学実験実習

    競技者の体力測定や実験からパフォーマンスに関する体力要素を分析する

    競技者のパフォーマンスに関する体力要素について、ラボテスト(呼吸循環能力や神経系機能を含む室内での実験測定)とフィールドテスト(瞬発力、最大筋力などを含むフィールドでの体力測定)を中心とする実験実習や、他にも情報処理実習や論文作成 などを学びながら測定方法を修得し、実践できる能力をつける。

  • 臨床スポーツ医学B(整形外科)

    運動器の機能を理解し
    障害発症のメカニズムを学ぶ

    生活習慣病の予防・改善のため、スポーツを行う中高年が増 加している。本講義では運動器障害の悪化防止や新たな障害を引き起こさないように、運動器の生理的機能を理解し、 整形外科疾患の発症メカニズム、実践的な予防法を学ぶ。

気になる授業をピックアップ!!

PICK UPゼミ

  • 有吉晃平ゼミ
    有吉晃平ゼミ

    サポーターになるために必要な
    知識や技術を、実践と研究から学ぶ。

    本ゼミでは、競技スポーツにおいて、トレーナー的立場としてサポートする人材に必要な知識や技術を学びます。3年次は特に実技的学びを重視し、テーピングやストレッチング、各種トレーニングの実技やトレーニングプログラムの作成とその指導などを学びます。4年次では、それらに関係する研究を題材に、論文作成を通じて科学的視点でスポーツを捉える能力を養います。

  • 下河内洋平ゼミ
    下河内洋平ゼミ

    興味のある課題に関する疑問に対し、
    プレゼンテーション、
    討論する力を高める。

    学生が興味のあるスポーツ医学やトレーニング科学に関する学術論文などを講読し、研究の意義や目的、研究方法、結果についてプレゼンテーションを行う。また、科学的手法を用いてデータ収集や分析を行い、その分析結果について、解釈の仕方や意味を議論することで、科学 的検証法や批判的思考を修得していく。

注目のゼミをピックアップ!!

取得可能な主な免許・資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)
  • キャンプインストラクター
  • 初級・中級障がい者スポーツ指導者
  • レクリエーション・インストラクター
  • スポーツプログラマー
  • アスレティックトレーナー
  • トレーニング指導者
  • 講道館柔道初段
  • テニス指導員
  • 水泳指導員

:単位を習得すると取得できるもの
:単位を習得の上、受験資格が与えられ試験合格で取得できるもの

めざせる将来像

学校・教育分野
  • 中学校・高等学校教員(保健体育科)
  • 小学校教員
トレーナー分野
  • アスレティックトレーナー
  • 企業チーム所属トレーナー
  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
アスリート分野
  • プロ選手
  • 実業団選手
生涯スポーツ分野
  • 地方公共団体のスポーツ施設
  • 幼稚園・幼児体育施設
  • フィットネスクラブ
  • スポーツ財団法人
指導者・コーチ分野
  • コンディショニングコーチ
  • 各種スポーツ団体指導者
  • 地域スポーツ指導者
  • 障がい者スポーツ指導者
公務員分野
  • 警察官
  • 消防官
  • 刑務官
  • 自衛官
スポーツビジネス分野
  • スポーツイベントプロデューサー
  • プロスポーツマネジャー
  • 民間スポーツマネジャー
  • スポーツ用具製造・販売企業
  • スポーツ関連企業
  • スポーツツーリスト
マスメディア分野
  • 新聞社
  • テレビ局
  • 出版社
  • スポーツライター
一般企業分野
  • 営業・販売部門
  • 商品企画開発部門
  • 宣伝・広報部門
カウンセリング分野
  • スポーツメンタルトレーニング指導士
  • スクールカウンセラー
  • スポーツカウンセラー
  • 心理相談員
医療・福祉分野
  • 病院などの医療機関
  • 福祉施設
  • 健康増進施設
研究者分野
  • 大学院進学