CampusLife Interview 学生インタビュー

研究活動

ハンドボールで鍛えた実践的なスキルと大学院での研究成果、
この2つを兼ね備えた人をめざします。

大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科
博士前期課程1 年

下村 美月

大阪体育大学 健康・スポーツマネジメント学科 アスレティックトレーニングコース出身

  • いざ就職となったとき、自分の専門的知識の
    希薄さに、このままでいいのか自問自答しました。

    大阪体育大学での学生生活はほぼハンドボールを中心にした4年間でした。勉強自体をおざなりにした意識はないのですが、どうしても広く浅くの学びになっていました。就職活動にあたって自分にはクラブ活動以外何もないと改めて気づき、知識をしっかり持っていない自分がこのまま社会に出ていっていいのだろうかと考えました。そんな時、ゼミの先生でもあり、ハンドボール部のトレーニング指導をされている先生から大学院進学のお誘いを受け、両親や友人にも相談し、悩みに悩んだ末、大学院進学を決めました。

  • インカレ4 連覇の学生最強ハンドボールチーム。
    その強さの秘訣のひとつはどこにも負けない練習量。

    小学校2年生から始めたハンドボールにたちまち夢中になり、小学校では全国大会でベスト8、中学でも県で1、2を争うほどになっていました。高校では学内にハンドボール部がなく、クラブチームでプレーしていましたが、もう一度本格的に取り組みたいと大阪体育大学へ。インカレ4連覇できる実力を維持するためには、盆と年末年始以外休みなしの練習漬けの日々でした。選手のサポートや主務を兼任し、データのまとめなども担当しました。

  • パフォーマンス向上かケガの予防か、
    テーマはまだ決めきれていません。

    大学院生の生活は学生時代より時間的に余裕があります。講義時間以外は、文献研究や先輩の実験の手伝い、ハンドボール部の指導などをしています。加えて附属中学・高校のハンドボール部のトレーニングコーチを担当しています。東京オリンピックに向けてこれからの可能性を秘めたジュニア世代への関わりにとても興味をもっており、このような活動を通して研究テーマを絞り込めたらと思います。

  • 大学院で専門的知識をしっかりと学びます。
    その先について、今はまだ模索中です。

    大学院での研究経験や実績をどう生かしていくかについてもまだ明確な答えは出ていません。方向としては2通り。ひとつはアスリートのパフォーマンスを最大限引き出すスポーツトレーナー。ハンドボールのナショナルチームに帯同して世界大会などで活躍したいです。もうひとつは、教育現場に出て教員として次世代にハンドボールの魅力を広めていくこと。自分で納得できるだけの専門性を身につけられるよう頑張ります。

インタビューTOPヘ