CampusLife Interview 学生インタビュー

ラグビー

目標達成の意識を常に高いレベルで持ち、努力を惜しまないこと。
夢に向かってクラブも自分自身も頑張っていきたいと思います。

体育学部 スポーツ教育学科 3年
ラグビー部所属

原 聖矢

大阪府 私立東大阪大学柏原高等学校出身

  • 中学1年の時、友人の誘いで入部したラグビーとの
    出会いが、その後の僕の人生を決定しました。

    たまたまという表現がピッタリなほど、友人の誘いで入部したラグビー部でしたが、顧問の先生の熱心な指導でいつしか夢中になっていました。先生の熱い指導に自分も将来は先生のようになりたいと思うほど傾倒し、将来の仕事として「保健体育教員」を意識したのもこの頃からです。その先生が大阪体育大学の出身だったため僕をラグビー部に誘った友人と、将来一緒に大体大に入学しようと語り合ったのも懐かしい思い出です。

  • 大体大OB の方々の指導を受け力をつけた高校
    時代、進学は大体大しか頭にありませんでした。

    中学では大阪府ベスト8に入るなどの戦績を残し、高校は特待生として過ごすことができました。高校でも大阪体育大学出身の先生の指導を受け、練習漬けの毎日でしたが授業もしっかり受けろという先生の指導のもと、皆勤賞を受けるほど頑張りました。ラグビー強豪校に進学した友人と大阪の決勝戦で戦えるようになるまで実力をつけることができました。

  • 一つひとつ密度の濃い練習が高校の時と違う
    ところ。それは意識の差だと思う。

    高校時代に、大阪体育大学の練習に参加させてもらったことがありました。技術的なレベルの差と共に驚いたのは誰に言われなくてもセルフアップを始めたりする各自の練習に対する意識の高さ。自分もそうなりたいと強く思いました。大体大での練習時間は毎週火曜から金曜の4時半から遅くても8時くらいまで。短い練習時間ですが、一つひとつのメニューの密度はとても濃く充実しています。

  • クラブとしての目標、そして自分自身の目標。
    努力を繰り返して必ず夢を達成します。

    ラグビーを始めた頃はとても華奢な体をしていましたが、筋トレに熱心に取り組み、スクワットで275キロを挙げることができるまでになりました。これは現在のラグビー部の記録です。努力を繰り返せば必ず結果がついてくると思います。クラブは一部リーグへの返り咲きをめざし、自分自身は保健体育教員になる夢に向かって、頑張っていきたいと思っています。

インタビューTOPヘ