学部・学科Department

教育学部 教育学科保健体育教育コース

保健体育の専門知識と指導力を身につけ、
一人ひとりに対応できる教員へ。

保健体育の専門的な知識を学び、優れた指導力を持った教員を養成します。
各種目において的確な指導ができることはもちろん、保健の授業においてもわかりやすい授業が展開できる力を修得。また、特別支援教育を学ぶことによって、障がいの有無に関わらずインクルーシブ教育に対応できる力を身につけます。一人ひとりに向きあい、自ら課題解決に取り組める教員をめざします。

学びのポイント

  • POINT1

    保健体育の高い
    専門性を身につける

    体育大学としての強みを活かし、保健体育とともに、さまざまなスポーツや身体に関する専門知識を学ぶ。生徒に信頼される高い指導力と豊かな人間性を養成する。

  • POINT2

    アダプテッド・スポーツを理解する

    障がいのある人や幼児から高齢者、体力の低い人も参加できる「アダプテッド・スポーツ」を理解し、実践的アプローチの方法も身につける。

  • POINT3

    特別支援教育の
    専門知識を身につける

    特別支援教育を通して、障がいのある生徒への理解や対応を身につける。特別な支援が必要な生徒を深く理解し、通常学級においても適切に対応できる力を修得する。

未来に必要な力を極めるためのさまざまな学び

  • 「生きる力」を育成する
    教員を養成する

    生徒に対し、教科に関する専門的な知識の他に 知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」を育 成できる指導力を身につける。自らの指導力を 高め、学び続ける意欲ある教員を養成する。
  • 確かな学力を身につけ
    生徒の能力を引き出せる教員へ

    保健体育の教科指導における知識・技術を身に つけ、学習活動や課題探求型の学習、新たな学 びを展開できる実践的指導力を修得する。生徒 指導、学級経営などについても理解を深める。
  • 豊かな人間性と人権意識を養う

    生徒の思いを理解・共感し、適切に指導できる よう、豊かな人間性を養う。また、人権意識を 持ち、常識や教養などの社会性や高いコミュニ ケーション能力をあわせ持った教員を養成する。
  • 幅広い体育種目に精通した
    体育教員を養成する

    自ら行ってきた競技の専門性の高さはもちろんのこと、学校教育において求められる体育種目全般について、知識と技術を高め、それらの指導が的確に行える教員を養成する。
  • 体育と保健の高い専門知識を
    有した教員を養成

    体育大学として、保健体育に関する専門知識や技術が高度であることはもちろんのこと、アダプテッド・スポーツの高度な知見と実践的アプローチを修得し、推進していける能力を養う。
  • 特別支援教育を理解している
    教員の養成

    さまざまな障がいのある生徒について理解し、通常の学級でともに学ぶ教育が実践できる知識・技能を身につける。障がいの有無に関わらず、すべての生徒のニーズに応じた指導ができる教員を養成する。

PICK UP授業

  • 基礎体育Ⅰ・Ⅱ

    運動・スポーツに関する知識や学校体育について実技を通して学ぶ

    運動・スポーツの多様性や効果と安全、文化的特徴や技術と戦術について理解を深める。また、学校体育において取り上げられる運動種目を経験することにより、技能の向上をめざす。

  • 生理学(運動生理学を含む)

    人間の身体と運動のしくみや運動能力の変化などについて理解する

    ヒトの基本的な生理機能について理解を深めるため、骨格筋の役割、エネルギー供給機構、呼吸循環系の動態などについて学ぶ。また、幼少期から高齢期に至るまでの種々の能力の変化について理解を深める。

  • 体力測定評価

    学校教育、健康づくり、介護予防などに重要な体力測定・評価について学ぶ

    体力や運動能力に関する基礎的な知識を修得し、測定機器を使用することで体力測定・評価の意義を学習する。また、得られた結果を適切に分析し、評価を行うために、その基礎となる実用的な統計処理の進め方について学ぶ。

  • レクリエーション教育論

    生涯学習社会において重要な役割を持つレクリエーションについて理解を深める

    社会変化に伴うレクリエーションの社会的意義や指導者・援助者としての役割について理解する。また、レクリエーション支援の楽しさ・心地よさを活かす理論と技術に関する基礎を学び、個人および集団を対象としたレクリエーション・ワークを身につける。

  • 教職論

    教職の意義・役割・重要性などを学び教員として必要な知識と見識を修得

    「教師・教職とはどのようなものか」を学び、考察するため、教職の意義や教員の役割、資質・能力、職務内容、学習指導などに関する知識および、自らの進路を判断する材料などについて、法規法令を含め多面的に学ぶ。

  • アダプテッド・スポーツ論

    すべての人々が楽しめるスポーツについて理解を深め、指導できる力を身につけます。

    アダプテッド・スポーツとは、障がいのある人や高齢者、体力の低い人などすべての人が参加できるよう工夫されたスポーツのことです。障がい特性や老年症候群に応じて環境を整備したり、ルールや用具を改良したりと、生涯を通じてスポーツを実践するために必要な方法論や指導・支援に必要な知識を学びます。

気になる授業をピックアップ!!

取得可能な免許

  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)
  • 特別支援学校教諭一種免許状
    ( 知的障害者領域・肢体不自由者領域・病弱者( 身体虚弱者を含む)領域 )

:単位を習得すると取得できる免許
:上記の免許を取得した上で、さらに必要な単位を修得すれば取得できる免許

めざせる将来像

学校・教育分野
  • 中学校・高等学校教員(保健体育科)
  • 特別支援学校教員
生涯スポーツ分野
  • 地方公共団体のスポーツ施設
  • 幼稚園・幼児体育施設
  • フィットネスクラブ
  • スポーツ財団法人
公務員分野
  • 行政職
  • 警察官
  • 消防官  など
一般企業分野
  • 営業関連部門
  • 商品企画開発部門
  • 宣伝・広報部門
  • 一般事務部門  など
研究者分野
  • 大学院進学