2017.04.26

教育学部:田部絢子准教授が行う共同研究をベースに作成された報道番組がNHK総合テレビとNHK国際放送テレビで放映されました。

2017年4月5日、教育学部の田部絢子准教授と、東京学芸大学特別支援科学講座の髙橋智教授(共同研究者:斎藤史子・山梨市立三富小学校教諭)の「発達障害と食の困難」に関する当事者調査研究をベースにして作成された報道番組「発達障害の子ども:"偏食"の実態明らかに」が、NHK総合テレビ「NHKおはよう日本」にて報道されました。
▶︎『子どもの"偏食" 実態明らかに』NHK おはよう日本(NHKウェブサイト) 

また4月18日には、上記の報道番組が「Overcoming fear of food」としてNHK国際放送テレビ「NHK WORLD」にて海外放映されました。
「発達障害と食の困難(偏食・食の選択性)」について、海外では保護者調査が中心ですが、日本では髙橋教授らの発達障害当事者調査研究が進んで、今回のような当事者の食の困難・ニーズが明らかとなり、具体的支援や改善についても提案できるところまできていることを国際報道しています。 ▶︎Overcoming fear of food - NEWSROOM TOKYO - TV - NHK WORLD - English(NHK Worldウェブサイト)

教育学部 田部 絢子准教授