2017.03.04

平成28年度 大島鎌吉スポーツ賞授与式が行われました。

2日(木)、本学中央棟7階大会議室で、平成28年度 大島鎌吉スポーツ賞授与式が行われました。
今回の受賞者は楠本繁生准教授、松田基子准教授、村上雷太助教の3名です。
野田賢治理事長から3名に賞状が贈られ、先生方からは感謝の言葉が述べられました。
野田理事長からは「今年も3名の先生にこの賞を授与でき嬉しく思います。本学の競技力、クラブの力が受験生確保に大いに貢献しています。大学が1つとなり、一人でも多くのこの賞を受賞する先生が出てこられるよう、応援し、支えていくことができればと思います。また、クラブ活動だけではなく、大学が世の中にどのようにアピールしていくかを考える、良い機会でもあります。直接クラブ活動に関わっていなくとも、日本一のクラブに負けないぞという気持ちでそれぞれの取組みに頑張っていただけたらと思います」と挨拶がありました。

受賞者の言葉

◆ハンドボール部女子:楠本 繁生先生(高松宮記念杯 第52回全日本女子学生ハンドボール選手権大会 優勝)
日ごろ学生をサポートしていただいている教職員のみなさんや、ハンドボール部のスタッフの先生方の力、何より学生の努力の賜物でこの様な賞を受賞できたと、嬉しく思っています。今後も学生が4年間を過ごし、卒業する時に、大体大に来て良かったと言ってもらえるような指導をしていければと思います。

◆柔道部女子:松田 基子先生(平成28年度 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 3位 山本沙羅)
昨年に引き続き受賞させていただき、大変光栄です。一生懸命頑張ってくれている学生たちに心から感謝します。大体大の卒業生として、母校の指導ができることは本当に幸せだと実感しています。大きなプレッシャーもありますし、思うようにいかなくて悔しいこと、苦しいこと、沢山ありますが、それをはるかに上回るやりがいを感じながら、日々取り組んでいます。これからもこの気持ちを忘れることなく、情熱を持ち続けて頑張っていきます。

◆剣道部男子:村上 雷太先生(第64回全日本学生剣道優勝大会 優勝)
この様な賞をいただけて大変光栄です。私が賞をいただいていますが、神﨑先生はじめ沢山の方にサポート、指導をいただき、そして何より学生自身が頑張ったからこその結果だと思っていま
す。来年度も1日1日を大切にして、学生と共に精進してきます。