2017.02.06

1年生対象キャリアフェスタ:セレッソ大阪(サッカースクールコーチ/大人のスクールマスター)勝矢寿延氏に「夢は叶えられるもの」と題し、講演いただきました。

4日(土)1年生対象キャリアフェスタが行われ、セレッソ大阪(サッカースクールコーチ/大人のスクールマスター)勝矢寿延氏が「夢は叶えられるもの」と題し、講演いただきました。

勝矢氏は横浜マリノス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪で活躍し、日本代表にも選出されました。大学卒業後はサッカーをせず、サラリーマンをしようと思っていたとお話し、ユーモアたっぷりに現役時代を振り返っていただきました。

勝矢氏のお話です。

私が日本代表時代のワールドカップ最終予選は代表であっても試合になかなか出ることもできませんでした。自分はスターティングメンバーになることはないと思い、それならばチームに対して何ができるのかを考えて行動しました。荷物を運んだり、チームの雰囲気を考えながら帯同しました。

サブメンバーであると練習量が少なくなるので、常に時間があると走っていました。そのかいあって3戦目以降にスターティングメンバーになりましたが、自分ができることを少しずつ考えて続けていくことがチャンスにつながるのだと感じました。夢の舞台に立つことはできなかったけれど、次世代の選手たちが繋いでくれています。嬉しいことです。

自分ができることを続けると夢は実現します。続けることが大切だと思います。目標を持って、今日からでも行動を起こしてください。

今は子ども達にサッカーを教えていますが、プロを教えるより子ども達が教える方が難しいです。私が常に心にとめている言葉があります。それは、「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」です。人に教えるためには自分は120%の力をもって伝えなければなりません。知ったかふりして教えている指導者がたくさんいます。人に教えるには120%の力が必要です。そのためには毎日学ばなければなりません。そうしないと指導者としてピッチに立てないと思います。

ぜひ、皆さんも、学び続けて良い指導者になってください。