2017.09.15

スポーツ庁より「平成29年度大学スポーツ振興の推進事業」を受託

スポーツ庁は9月14日、定例会見を開き、鈴木大地長官が「大学横断的かつ競技横断的統括組織(日本版NCAA)創設事業(大学スポーツ振興の推進)」を委託する大学8校を発表。本学も採択校となりました。

本学は2015年に「大体大ビジョン2024」を策定。その中の「拠点づくりビジョン」を具現化する取り組みとして、トップアスリートとその指導者の育成・サポートシステムの構築をめざす「大体大DASHプロジェクト」を2016年に開始しました。今回の委託事業の公募に際し提案した「スポーツ局の開設とスポーツ振興事業の統括、大学間連携の推進」「地域やスポーツ団体との連携による社会貢献型事業の推進」という2つの取り組みの具体例は、すでにプロジェクト内で先行して推し進めているテーマであり、今回その有益性や将来性が認められた格好となりました。

大学スポーツ振興の推進(大阪体育大学の取組)こちらをご覧ください。

また本学では、この中で挙げている「スポーツ局の開設」や「スポーツアドミニストレータの配置」に関し、「スポーツ局準備委員会」を開催して、具体的な業務の設計、組織体制の検討を進めています。

「大学スポーツにおける先進的モデルの企画・立案」では、スポーツ・体育専門大学として培われた教育メソッド・研究成果・人材・先進的な施設等を有効活用した「スポーツによる活力ある地域づくり」に貢献するさまざまな実践的プログラムを企画・立案し、精力的に取り組む姿勢を示しています。

スポーツ庁は今回の事業推進を足がかりとし、「大学スポーツの振興」を図るとともに、日本版NCAAに関しては平成29年度に「学産官連携協議会」を設置し、具体的な制度設計等を進め、平成30年度中の創設を目指しています。

スポーツ庁発表
「大学スポーツ振興の推進事業」について8大学を選定しました