2017.05.02

大体大DASHプロジェクトシンポジウム「大学が拓くハイパフォーマンスサポートとスポーツ振興」開催します

大阪体育大学は、2015年の開学50周年に大体大ビジョン2024を掲げて「研究」「教育」のさらなる推進と共に、「地域社会の活性化に貢献する拠点、および、世界で活躍するアスリートと指導者を育成・サポートする拠点づくり」を進めています。その中核事業として、2016年度から「大阪体育大学DASH(Daitaidai Athlete Support & High Performance)プロジェクト」と称し、本学が有するスポーツ医・科学の研究・教育の知見を活かした学生アスリートのハイパフォーマンス支援に加え、学習、キャリアなどの総合的アスリート支援を稼働しています。そして、日本スポーツ振興センター、大阪大学、地域の教育委員会などと包括連携協定を締結し、大学としての教育・研究の総合力をスポーツ振興に資する展開を図っています。さらに、本学の体育会運動部を統括・管理する組織(スポーツ局)を平成30年度に設置する準備を行っています。
我が国では、平成22年に文部科学省が「スポーツ立国戦略」を策定し、新たなスポーツ文化の確立への取り組みが始まっています。スポーツ庁はその実現を目指した施策として大学スポーツ振興に向けた基本方針をまとめるとともに、日本版NCAAを平成30年度中に創設を目指して産官学連携で準備を進めようとしています。本シンポジウムでは、大学スポーツの振興を担う各大学の取り組みについて、ハイパフォーマンス事業とスポーツ振興に先進的に取り組む大学の事例や課題を共有し、大学が果たすスポーツ振興への役割と展望を見据え、議論します。

日時:2017年5月21日(日)13:00~17:00(受付:12:30開始)

場所:帝国ホテル大阪〒530-0042 大阪市北区天満橋1-8-50)

主催:大阪体育大学

後援:日本スポーツ振興センター(予定)

内容:
1.開会挨拶 岩上安孝(大阪体育大学 学長)

2.基調講演(13:10~13:50) 高橋道和氏(スポーツ庁 次長)「スポーツ立国へ向けて:スポーツ庁の取り組みと大学への期待」(仮題)

休憩(13:50~14:00)

3.パネルディスカッション(1)(14:00~15:15)「大学におけるハイパフォーマンス事業の現状と今後の在り方」
登壇機関・大学: JISS、大阪大学、立命館大学、日本体育大学、大阪体育大学

休憩(15:15~15:30)

4.パネルディスカッション(2)(15:30~16:45)「大学が取り組むスポーツ振興の展望」
登壇大学:立命館大学、龍谷大学、鹿屋体育大学、大阪体育大学

5.総括(16:45~16:55) 藤本淳也(大阪体育大学 教授・学長補佐)

6.閉会挨拶(16:55-17:00) 福田芳則(大阪体育大学 副学長)

お申込みはこちら(Googleフォーム)からお願いいたします。

【パネルディスカッション登壇予定者】
(1)大学におけるハイパフォーマンス事業の現状と今後の在り方

パネリスト:石毛 勇介氏(国立スポーツ科学センター 副センター長 スポーツ科学部長)
小笠原 一生氏(大阪大学大学院医学系研究科 健康スポーツ科学講座 運動制御学教室 助教)
伊坂 忠夫氏(立命館大学 スポーツ健康科学部 学部長 教授)
伊藤 雅充氏(日本体育大学 コーチングエクセレンスセンター長 体育学部 教授)
梅林 薫(大阪体育大学 教授)
司会:土屋裕睦(大阪体育大学 教授)

(2)大学が取り組むスポーツ振興の展望

パネリスト:伊坂 忠夫氏(立命館大学 スポーツ健康科学部 学部長 教授)
松永 敬子氏(龍谷大学 学生部部長 スポーツ・文化活動強化センターセンター長 経営学部スポーツサイエンスコース教授)
前田 明氏(鹿屋体育大学 教授)
神﨑 浩(大阪体育大学 教授)
司会:浦久保和哉(大阪体育大学 DASH統括ディレクター)