2018.08.07

ハンドボール女子学生日本代表が世界大会で優勝

7月30日〜8月5日の日程で、クロアチアにて行われたハンドボールの第24回世界学生選手権大会で本学ハンドボール部女子の楠本繁生監督率いる女子学生日本代表が優勝しました。
女子学生日本代表選手にはOG7人、現役学生4人が活躍しました。
男子学生日本代表ではOBの後藤悟さんが3位決定戦でチーム最多得点の8得点をあげ、チームを勝利へ導きました。

※日本代表メンバー大体大OB・OG・現役学生リスト
馬場 敦子 (2017年卒・現 北國銀行)
北原 佑美 (2017年卒・現 ソニーセミコンダクタ マニュファクチャリング)
木村 有沙 (2017年卒・現 広島メイプルレッズ)
近藤 万春 (2017年卒・現 広島メイプルレッズ)
佐原 奈生子 (2017年卒・現 北國銀行)
谷 華花 (2017年卒・現 ソニーセミコンダクタ マニュファクチャリング)
松本 ひかる (2016年卒・現 北國銀行)
服部 沙紀 (体育4年)
犀籐 菜穂 (体育4年)
中山 佳穂 (体育2年)
笠井 千香子 (体育2年)

男子 後藤 悟 (2017年卒・現 湧永製薬)