NEWSお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

2020.12.17

冬季休業期間中(12月25日~1月6日)に大学内外でのクラブ活動を含む、対面での教育活動等を停止し、学生、教職員の入構を制限します

大阪体育大学新型コロナウイルス対策本部

冬季休業期間中(12月25日~1月6日)に大学内外でのクラブ活動を含む、対面での教育活動等を停止し、学生、教職員の入構を制限します

 

 大阪体育大学では、新型コロナウイルス感染症の流行後、初めての冬休みを迎えるにあたり、冬季休業期間中(12月25日~1月6日)に大学内外でのクラブ活動を含む、対面での教育活動等を停止し、入構を制限します。ただし、下記に該当する場合は一定の条件の下で活動、入構を認めます。

 現在、新型コロナウイルス感染症の第3波が全国的に拡大しています。大阪府教育庁私学課は12月4日付けで「レッドステージ移行後の教育活動等について」と題した通達で、「府立学校においては、12月29日から1月3日までの年末年始の期間は、公式戦に係る活動を除き、部活動を含む教育活動を停止する」としています。

 通達の中で「年末年始において活動が認められる大会」として列挙されているのは、府立学校の生徒・教職員が参加することが決定している公式の大会です。府立学校では、公式の大会以外の活動(例:練習試合、初蹴り・初釜などの年末年始の恒例行事など)はすべて停止するという方針です。

 また、現在、本学関係者においても体調不良や濃厚接触者、PCR受検者が急増しております。

 この通達は原則、高等学校以下への通知ですが、上記のような本学及び大阪府の深刻な状況に鑑み、本学も準ずるべきだと考えます。

 なお、以下の項目については、一定の条件で入構や教育活動を認めます。

 

=入構や教育活動を認める事例=

①年始に重要な試合を控えているクラブ
  =>推薦型入試の2週間前と同様に許可制とし、事前にクラブ名、年始の試合名、参加者、実施日時、使用場所を12月22日(火)13時までに学長・IR担当に申請
②教員がオンラインで指導をする場合
  =>入構を認めます。事前の申請は不要
③大学院生が必要な研究活動をする場合
  =>許可制とし、12月24日(木)16時までに大学院事務室に申請
④学生が12月25日(金)に必要な証明書類を取得する場合
  =>入構を認めます。事前の申請は不要
⑤期間中どうしても変更できない予定がある場合
  =>許可制とし、事前に予定内容、変更できない理由、実施日時、参加者、使用場所を  12月22日(火)13時までに学長・IR担当に申請

 大学院事務室アドレス( grads-s@ouhs.ac.jp )
 学長・IR担当アドレス( gakucho-ir.users@ouhs.ac.jp )

▲