キンダーカウンセラー

こんにちは。大阪体育大学浪商幼稚園のキンダーカウンセラー、小川万希子と申します。
今回は、キンダーカウンセラーについて、簡単に紹介させてください。

キンダーカウンセラーって?
文字通り「幼稚園にいるカウンセラー」のことなのですが、みなさんの気軽な相談相手になれればいいなと思っています。小さなお子様を育てていると、日々いろいろなことが起こりますよね。「こんな時はどうしたらいいのだろう?」「子どものこんなところが心配...」など、戸惑われることも多いかと思います。そんな時、ぜひ、お気軽にキンダーカウンセラーにお声をかけてください。お子様のことはもちろん、ご自身のこと、ご家族のことなどでも構いません。解決に向けて一緒に考えていきましょう。きっといいヒントが見つかるはずです。また、「相談というほどでもないけど、キンダーカウンセラーとちょっとしゃべってみたい」という方もOKです。相談内容は秘密厳守ですが、ご要望があれば、園の先生方と連携をとらせていただくことも可能です。
どうやって相談を申し込めばいいの?
相談は予約制です。キンダーカウンセラーは月1回来園していますので、前日までに園の方までお申し込みください。相談は1回約50分です。時間は9時から16時までです。ご希望の時間をお伝えください(変更をお願いすることもあります)。
だれでも申し込み出来るの?
在園児以外に地域の方々もご利用いただけます。(ただし、予約は在園児の保護者様優先となります。ご承知おきください。)また、必要があれば園外にも出向く等、個々の事情に最大限の考慮をいたします。
費用は?
在園児保護者・地域の方々ともに無料です。
日常からちょっと離れて、心の中で思っていることを言葉にして話していくことで、気持ちがすっきりと整理されて、今まで気づかなかった解決へのヒントが見つかることもあります。「悩み」や「困りごと」はやっかいなものですが、同時にまた、新たな成長の「きっかけ」を運んでくれるもののように私は感じています。相談室でみなさんと過ごす時間が、豊かで実り多いものになることを願っています。

キンダーカウンセラー自己紹介

小川 万希子(おがわ まきこ)

自分自身が子育てで非常に苦労したことがきっかけで、心理学に興味を持つようになり臨床心理士になりました。今まで小・中学校、予備校のスクールカウンセラー、心療内科の心理相談員、子育て支援センターの相談員などを務めてきました。ちなみに、私の専属カウンセラーは我が家のわんこ(ビーグルと黒柴のミックス。12歳)。いつも私の話をしっかりと聞いてくれます。