T person

チームのため、
応援してくれるファンのために、

得点力に
こだわる。

西宮ストークス
シューティングガード(SG)
【バスケットボール選手】

内藤 健太さん

体育学部 スポーツ教育学科
2017年度卒業

小学校の頃に抱いた憧れからプロ選手へ

小学生の頃にプロ選手へ抱いた憧れから、中学・高校ではバスケットボール部に所属。部活の顧問に助言いただき、当時は教員になることも視野に大阪体育大学へ進学しました。大阪体育大学は競技別体育館や自由に利用できるS&Cルーム・ATルームなどの施設が充実。授業では競技に役立つ知識を得られ、特に栄養学の知識は今もプロとしての身体づくりに役立っています。また、ハイレベルな選手が多く、アスリートとしてのモチベーション向上につながる環境でした。3年次に西宮ストークスからのオファーがあり、特別指定選手に。プロに混ざって試合に出場しながら、4年次にはインカレ出場を果たしました。

応援してくださるファンのために、
試合で活躍するトッププレーヤーをめざす

卒業後もチームメンバーからの期待に応えたいという想いでプロとして契約。自身の武器やチーム内の役割を考え、パワーフォワード(PF)からSGへ転向し、個人メニューのほかにも基礎力向上のための自主的なトレーニングを行うなど、チーム全体の競技力の底上げを意識しています。現在の目標は出場試合数を増やし、試合での得点力を高めること。試合やSNSで応援してくれているファンのために、B2リーグからB1リーグへチームを押し上げ、試合で活躍するトッププレーヤーをめざします。

(2020年10月、ランポーレ三重へ移籍)
(2020年2月 取材)

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲