プロサッカー界も注目!ハイレベルで競い高め合う仲間たち

プロサッカー界も注目!
ハイレベルで競い高め合う仲間たち

田中駿汰(写真左)・末吉塁(写真中央)・菊池流帆(写真右) サッカー部男子所属

総理大臣杯優勝経験もあるサッカー部男子は、Jリーグのスカウトマンも注目するハイレベルな選手が多数在籍している。今回は、デンソーカップで関西選抜に選ばれた末吉塁選手、田中駿汰選手、日本代表としてユニバーシアード競技大会に出場した菊池流帆選手の3人に話を聞いた。

サッカー

全国屈指の実力がある大体大サッカー部

(末吉) 高校時代からプロをめざしていましたが、その時点では実力不足だったので、全国トップレベルの大学で力をつけたいと思い大体大に来ました。

(田中) 大体大の授業は自分自身のためになるものが多いですね。それからサッカーはもちろん各競技専用の施設があることも魅力でした。

(菊池) 僕は高校時代の監督が大体大出身で、施設面で優れていることや、サッカー部が全国トップレベルだということを聞いて進学を決めました。

サッカー

明るく、楽しく、スポーツをする上でとても良い環境

(末吉) 大体大はスポーツをする上でとても良い環境です。トレーニングルームやアスレティックトレーニングルームなどの施設面だけでなく、先生方や職員の方々、食堂の方々にいたるまで、皆さんとても親切なんです。

(田中) 学生の中には各競技のトップレベルの人もいて、実技科目はレベルが高く盛り上がります。選手としてだけでなく、指導者、教員としての知識が身につくところもいいところです。

(菊池) 学生のほとんどがジャージなのは体育大学ならではですね。明るくて話好きな人も多くて、自分もコミュニケーション能力が高まったように思います。

サッカー

技術、人間性、多様な価値観を学び成長した

(末吉) サッカー部男子は長年、坂本康博 前監督に率いられ、実績を残してきました。僕も坂本先生からサッカーのことはもちろん、人間性の部分もたくさん学びました。退職された坂本先生に恩返しできるよう、1つでも多くのタイトルを獲って、インカレと総理大臣杯優勝をめざしたいです。

(菊池) 僕も坂本先生にはサッカーを別角度から見ることを教えてもらい、価値観が変わりました。今後は日本代表になって今まで支えてくださった方に恩返ししたいです。

(田中) 大体大のサッカー部には全国各地の強豪校から選手が集まります。各個人が違った価値観を持ち、自分と違う思考をしていることは、新しい刺激になります。高いレベルの仲間と共に競い合いながら、競技能力を高められたことは、自分にとって大きな財産です。

サッカー

PROFILE

田中駿汰 タナカ シュンタ (写真左)

体育学部3回生
大阪府履正社高等学校 出身
波がなく安定したプレーが持ち味。座右の銘は「一意専心」。

末吉塁 スエヨシ ルイ (写真中央)

体育学部4回生
和歌山県初芝橋本高等学校 出身
1回生の時はなかなか力が出せなかったが地道にトレーニングを重ね選抜に出るまでに成長。

菊池流帆 キクチ リュウホ (写真右)

体育学部4回生
青森県青森山田高等学校 出身
身長と跳躍力を武器に、大学サッカー界でも1、2を争う「エアバトラー」。熱い気持ちを忘れない。

大体大人一覧へ戻る