養成する教員像とそれを実現するための計画
体育学部

TEACHER TRAINING –
FACULTY of PHYSICAL EDUCATION

スポーツ教育学科

高スポーツ教育学科

スポーツ科学の知識と優れた指導法を身に付け、スポーツの普及に貢献できる体育・スポーツの指導者を養成すると同時に、青少年の人間性・社会性の形成に貢献できる保健体育の教員

健康・スポーツマネジメント学科

健康・スポーツマネジメント学科

豊かな人間性をベースに健康の維持・増進やアスレチックトレーニングに関する医・科学、運動、スポーツ、レクリエーションに関するマネジメントの知識と技能を有した保健体育の教員

中高:保健体育教諭

1年次

教養科目の履修を通じて、幅広い教養教育の育成の必要性について理解する。
専門科目の講義と実技の履修により、体育・スポーツの専門家になるための基礎学力形成に努め、幅広い実技種目についても習熟する。
授業やクラブ活動を通じて、幅広い人間関係の形成を身につける。

2年次

専門基礎科目の履修と共に、発展科目で各学科の基礎となる講義と実技をさらに学び、専門性を高める。
教職関連科目の履修により、教職への興味関心を深めると同時に「保健体育師像」を明確にし、各コースでの専門性養成について理解を深める。

3年次

インターンシップ実習を通じて理論と実践を融合させた学びを行う。
応用科目において、各コースの内容に応じた講義・実習・現場体験を通じで専門分野についての理解を深める。
ゼミ活動を通じて研究的視点で専門分野についての理解を掘り下げる。

4年次

教育実習の実施により、教職への意識を高め、使命感について理解する。
教職実践演習により、教育実習の省察を行うなかで、実習での教育活動の意味や意義について分析し、深い理解を得る。また、教職に対する使命感と意欲を喚起し、継続的な教職希望意識の醸成を行う。

大学案内ABOUT OUHS

▲