体育学部

スポーツ教育学科

DEPARTMENT of SPORT EDUCATION

SCHOOL

入学定員
320

高度な専門知識と、
体育・スポーツを
科学的に分析する
実践理論を備えた指導者を育成。

スポーツが多彩な発展を遂げた今日。体育・スポーツの世界でも、高度な専門性と技術を身につけた新しいタイプの指導者が必要とされています。スポーツ教育学科は、スポーツを科学的な視点で分析することのできる的確な実践理論及び指導法を修得し、スポーツの発展に寄与する指導者を育てると同時に、スポーツを通して人間性・社会性の形成に貢献できる教育者を育てます。1 年次では体育・スポーツ科学の専門的基礎知識を、2 年次からはより多彩な専門科目を学びます。そして3 年次より3 つの専門コースを設け、学校教員や競技・地域スポーツにおけるコーチング、カウンセラーなど、社会で広く活躍できる優れた人材の育成に取り組みます。

コーチ教育コース

スポーツ指導の現場に求められる専門的知識と指導力、幅広い教養を身につける。

  • コーチングの知識と技術
  • インターンシップによる現場経験
  • 多様な種目・レベルに応じた指導方法

体育科教育コース

高度な技量と行動力を身につけたアクティブ・ティーチャーをめざす。

  • スポーツ科学による専門的知識
  • 実際の学校現場で役立つ実践カ
  • 教育者としてのリーダーシップ

スポーツ心理・
カウンセリングコース

心理学的アプローチの基本を学びカウンセリングマインドを身につける。

  • メンタルトレーニング技法
  • アスリートの心理の分析と理解
  • 現場での心理的サポートとカウンセリング

4年間のカリキュラム

  • 1年次

  • 2年次

  • 3年次

  • 4年次

THEME : 人間性と教養

  • ■ … 必修科目
  • ★ … 実習科目はいずれか1科目選択

▼スクロールをしてご確認下さい。

教養科目 基礎
教育科目
  • ■ 日本語技法
  • ○ 日本語技法演習(基礎)
  • ○ 日本語技法演習(応用)
  • ○ 統計基礎
  • ○ 統計実習I 
  • ○ 統計実習II
  • ■ 情報処理実習I 
  • ○ 情報処理実習II
  • ■ 英語IA
  • ■ 英語IB
  • ■ 英語演習
一般
教育科目
  • ○ 文学
  • ○ 宗教学
  • ○ 歴史学
  • ○ 倫理学
  • ○ 文化論
  • ○ 哲学
  • ○ 社会学
  • ○ 経済学
  • ○ 法学
  • ○ 政治学
  • ○ 日本国憲法
  • ○ 数学
  • ○ 生物学
  • ○ 心理学
  • ○ 物理
  • ○ 化学
専門基礎
科目
講義・実習
  • ■ スポーツ社会学
  • ■ 機能解剖学
  • ■ スポーツ生理学I
  • ■ 体力トレーニング論・同実習
  • ■ スポーツ測定評価
実 技
  • ■ 陸上競技I
  • ■ 器械運動I
  • ■ 水泳I
  • ■ レクリエーションI
実 習
  • ■ スキー実習★
関連科目 講 義
  • ○ 運動部指導実践論
  • ○ 教師論
教職に関する
専門科目
講 義
  • ○ 教育原理
  • ○ 教育心理学
自由科目
  • ○ フレッシュマンセミナー
  • ○ スポーツ科学特別演習Ⅰ
  • ○ スポーツ科学特別演習Ⅱ

※科目名、カリキュラム名は2020年度入学生のものであり、変更される場合があります。

PICKUP授業

体力トレーニング論・同実習 トレーニングの基礎知識、現場の話題、最新のトピックスなどに関する講義を通して、健康の維持・増進や体力向上のためのトレーニング理論を学び、実践する力を身につけます。また、実技では代表的なトレーニング法(ウェイトトレーニング、インターバル、サーキット持続走など)を体験し、各自のエネルギー供給能力を推定する技術を養います。

THEME : 専門知識を修得

  • ■ … 必修科目
  • ★ … 実習科目はいずれか1科目選択

▼スクロールをしてご確認下さい。

教養科目 基礎
教育科目
  • ○ 英語II
  • ○ 英語III
  • ○ 英会話I
  • ○ 英会話II
  • ○ 海外語学研修
  • ○ ドイツ語
  • ○ 中国語
専門基礎
科目
講 義
  • ■ スポーツ史
  • ■ スポーツ経営学
  • ■ スポーツ心理学 
  • ■ スポーツ栄養学
  • ■ スポーツ医学 
  • ■ バイオメカニクス
  • ■ 運動学
実 技
  • ■ バスケットボールI
  • ■ バレーボールI
  • ■ サッカーI
  • ■ テニスI
  • ■ ダンスⅠA *1
  • ■ 柔道ⅠA *1
  • ■ 剣道ⅠA *1
  • ■ ダンスⅠB *2
  • ■ 柔道ⅠB *2
  • ■ 剣道ⅠB *2

*1 *2:いずれか選択必修

実 習
  • ■ キャンプ実習A★
発展科目 講 義
  • ■ スポーツ教育学
  • ■ 国際スポーツ論
  • ■ スポーツメンタルトレーニング指導論
  • ■ 発育発達論
実 技
  • ■ ハンドボールI
  • ■ ラグビーI *3
  • ■ ソフトボール *4

*3:男子のみ必修 *4:女子のみ必修

キャリア
教育科目
  • ■ キャリアデザインI
関連科目 講 義
  • ○ 障害者スポーツ概論
  • ○ スポーツと人類学 
  • ○ スポーツカウンセリング
  • ○ 保健体育科教育法A
  • ○ 保健体育科教育法B
教職に関する
専門科目
  • ○ 特別支援教育概論
  • ○ 教育課程編成論
  • ○ 道徳教育の理論と実践
自由科目
  • ○ スポーツ科学特別演習Ⅲ

※科目名、カリキュラム名は2020年度入学生のものであり、変更される場合があります。

PICKUP授業

スポーツ教育学 スポーツは人々を感動させる一方、強い者が弱い者を支配・排除する場にもなります。指導者は、スポーツの光と影を冷静に見つめながら、よりよいスポーツ文化を形成することが大切です。本講義では、スポーツがもつ教育的可能性を探り、スポーツ教育の指導理念を学習するとともに、具体的な事例について実践的な観点から議論します。
スポーツメンタルトレーニング指導論  近年、競技場面での実力発揮をねらいとした心理的スキルトレーニング(メンタルトレーニング)に対する関心が高まっています。本講義では、日本スポーツ心理学会「スポーツメンタルトレーニング指導士」資格に定められたメンタルトレーニングの理論的背景と、実践内容について理解を深めます。さらに、イメージトレーニングなどの技法について、実習を行います。 

THEME : 実習と現場体験

  • ■ … 必修科目
  • ★ … 実習科目はいずれか1科目選択

▼スクロールをしてご確認下さい。

専門基礎
科目
講義・実習
  • ■ 体育原論
  • ■ 海洋スポーツキャンプ実習★
  • ■ 臨海実習★
  • ■ ゴルフ実習★
発展科目 演 習
  • ■ スポーツ教育学演習I
講 義
  • ■ スポーツ科学とコーチング



コーチ
教育コース
講義・実習
  • ■ コーチング論
  • ■ スポーツ文化論 
  • ■ トレーナー論 
  • ■ コーチング法
  • ■ トレーナー実習
  • ■ コーチング実習
  • ○ スポーツ技術・戦術論 
  • ○ コーチングの心理学 
  • ○ 競技スポーツ論
  • ○ 武道・稽古・修行論
  • ○ トレーニング計画
  • ○ 動作分析法
体育科
教育コース
講義・実習
  • ■ 体育科教育学
  • ■ 授業研究IA
  • ■ 授業研究IB
  • ■ 教育カウンセリングII
  • ■ 保健体育教職特講
  • ■ インターンシップA
実 技
  • ■ 教職ダンス
  • ■ 柔道ⅠAB*5
  • ■ 剣道ⅠAB *5

*5:いずれか選択必修

スポーツ心理・
カウンセリング
コース
講義・実習
  • ■ 認知・行動分析論
  • ■ 運動学習論
  • ■ コミュニティダンス論 
  • ■ コーチングの心理学
  • ■ 教育カウンセリングII
  • ■ スポーツ心理学実験実習 
  • ○ インターンシップB
キャリア教育科目
  • ○ キャリアデザインII
関連科目 講 義
  • ○ スポーツ演習
  • ○ 野外教育論
  • ○ 衛生学(公衆衛生学を含む)
  • ○ アスレティックリハビリテーション基礎
  • ○ スポーツ事故法律論
  • ○ 学校保健(小児保健、精神保健、学校安全を含む)
  • ○ 救急処置I
  • ○ 手話実習 
  • ○ 初級ピアノ実習
  • ○ レジャー・レクリエーション概論
  • ○ トレーニング計画
  • ○ 教育史
  • ○ スポーツメディア論
  • ○ トレーナー実習
  • ○ 健康スポーツ心理学
  • ○ 企業フィットネス論
  • ○ 保健体育科学習指導論
実 技
  • ○ 卓球
  • ○ ソフトテニス
  • ○ バドミントン
  • ○ ソフトボール
  • ○ ラグビー
  • ○ ゴルフ
  • ○ 体つくり運動
  • ○ リズムダンス
  • ○ 障害者スポーツ
  • ○ レジスタンストレーニング
  • ○ 武道の形
  • ○ なぎなたA
  • ○ なぎなたB
  • ○ 野球
  • ○ レクリエーションII
教職に関する
専門科目
  • ○ 教育行政
  • ○ 特別活動および総合的な学習の時間の指導法
  • ○ 教育方法論
  • ○ 生徒・進路指導論
  • ○ 教育カウンセリングI
資格関連科目
  • ○ レクリエーション指導実習
  • ○ 介護技術講義
  • ○ 障がい者スポーツ指導法

※科目名、カリキュラム名は2020年度入学生のものであり、変更される場合があります。

PICKUP授業

トレーニング計画 スポーツにおけるトレーニング計画の基本的な考え方を学び、種目特性とトレーニング原則の観点から、計画立案に必要な技術・体力トレーニングの時間的配分について理解します。また、個々の専門種目について、年間計画からトレーニングセッション(1回のトレーニング)の計画立案について学びます。

THEME : 4年間の総括

  • ■ … 必修科目
  • ★ … 実習科目はいずれか1科目選択

▼スクロールをしてご確認下さい。

専門基礎
科目
実 習
  • ■ キャンプ実習B★
  • ■ 野外活動基礎実習★
発展科目 演 習
  • ■ スポーツ教育学演習II
関連科目 講 義
  • ○ 英語講読
  • ○ 人権教育
  • ○ 舞踊論
  • ○ 武道論
  • ○ 身体表現とコミュニケーション
  • ○ 卒業論文
実 技
  • ○ ダンスII
  • ○ テニスII
  • ○ サッカーII
  • ○ バレーボールII
  • ○ バスケットボールII
  • ○ ハンドボールII
  • ○ ラグビーII
  • ○ 陸上競技II
  • ○ 器械運動II
  • ○ 水泳II
  • ○ 柔道II
  • ○ 剣道II
教職に関する
専門科目
  • ○ 教育実習I
  • ○ 教職実践演習(中・高)
  • ○ 体育実技指導法
資格関連
科目
  • ○ レクリエーションⅢ
  • ○ 特別演習(サッカー)
  • ○ 特別演習(テニス)
  • 〇特別演習(水泳)

※科目名、カリキュラム名は2020年度入学生のものであり、変更される場合があります。

PICKUP授業

ラグビーII ラグビーの個人的基本技能(ハンドリング・ランニング・キッキング・コンタクティング)の習得をめざします。また、コンタクトプレーがないタグラグビーやタッチラグビーからルールを理解し、最終的には15人制ラグビーができるよう、効果的な指導法を学習します。そのほか、 雨天時は個人技術・ルールのビデオを鑑賞し、ラグビーに関する知識を養います。

曽根 純也ゼミ

曽根 純也

  • 専門分野:運動学、サッカー
  • 学位:体育学修士
  • 最終学歴:筑波大学大学院 修士課程修了

運動学やコーチング学の分野を中心に、個々の専門競技の指導法について文献読誦や文章作成を通じて理解を深めます。また、教育実習や保健体育の授業を想定した指導の実践や、プレゼンテーションにも取り組み、知識と実践力の向上を図ります。3年次では基礎的知識の吸収をめざし、4年次ではゼミ論文を完成させ、発表を行います。

Message

浅井 正仁教授

スポーツ教育学科 学科長

浅井 正仁教授

スポーツを通したよりよい人間関係の創造。

体育・スポーツは、人類社会にあって、生命活動の根元を司る文化として多大の貢献をし、発展してきました。今日、めざましく発展し続ける科学・技術と情報化社会にあって、体育・スポーツもまた、多様化の一途を辿っているとともに、高度な専門性と技術を身につけた新しいタイプの指導者が必要とされています。スポーツ教育学科は、スポーツを〈観る・する・科学し実践する場〉を通して〈教える-教わる〉よりよい人間関係を創造していくところです。 スポーツを科学的な視点で分析することのできる的確な実践理論及び指導法を修得し、スポーツの発展に寄与する指導者を育てると同時に、スポーツを通して人間性・社会性の形成に貢献できる教育者を育てるのが目的です。

学部・大学院SCHOOL / GRADUATE SCHOOL

▲